ドクタースクエアとは?

医師に特化したキュレーション型の求人情報サイト

キュレーション型の求人サイトとは、提携している会社から求人情報を提供してもらい、それをまとめたサイトのことです。ドクタースクエアは、医師の求人に限定して人材派遣・紹介会社から求人情報を提供してもらい公開しているサイトということになります。

ドクタースクエアの運営会社情報

項目 詳細
サイト名 ドクタースクエア
運営会社名 イースクエア株式会社
本社 大阪市城東区古市3丁目17番26
ホームページ https://www.e-square.co.jp/
電話番号 06-6930-3195
メールアドレス info@e-square.co.jp

イースクエア株式会社は、ドクタースクエアのほか、薬剤師に特化した求人情報サイト「ファーマシストスクエア」(平成15年4月オープン)・看護師に特化した求人情報サイト「ナーススクエア」(平成16年5月オープン)なども運営している会社です。

ドクタースクエアはその2つの求人情報サイトに続いて作られたもので、平成18年2月にオープンしています。

 

口コミを調査したドクタースクエアの総合評価

ドクタースクエアに関する口コミ・評判についてまとめてみました。ご利用を検討している方の参考になればと思います。

評価項目の基準はキャリアデザインレポート2012を参考にしています。

口コミからわかるドクタースクエアの総合評価

カテゴリ 項目 評価 解説
求人 求人件数の多さ ★☆☆☆☆
  • 求人件数が少なすぎる。
  • 提携する紹介会社が少ない。
求人情報の詳細さ ★★☆☆☆
  • 求人情報の掲載日・更新日が不明。
  • 必要最低限の情報は載っている。
大手求人の多さ ★☆☆☆☆
  • 提携企業が少ない。
業界・職種に特化した求人の多さ ★☆☆☆☆
  • 他の医師専門求人サイトに比べて圧倒的に掲載件数が少ない。
他社にはない求人の取り扱いの多さ ★☆☆☆☆
  • 独自で掲載している求人広告はない模様。
求人の更新頻度の多さ ★☆☆☆☆
  • 実質的に稼働していない可能性もあり。
  • 10年以上前の求人が載ったまま。
機能・サポート サービスや機能の多さ ★★☆☆☆
  • クリップ機能はあるが求人が少なすぎて使う必要がない。
サポートの充実レベル ★★☆☆☆
  • 応募先との交渉は自分でやると思われる。
  • 問題が起きてもドクタースクエアは解決に当たってくれなさそう。
ブランド・信頼度 サイトの信頼感・安心感 ★☆☆☆☆
  • あまりにも件数が少なくて稼働しているか不安。
  • 求人検索をする際の項目が、他のサイトからそのまま使い回ししていると思われる。
知名度の高さ ★★☆☆☆
  • 同じ会社が運営する看護師・薬剤師専門の求人サイトの方は求人件数も多いが、医師専門では失敗したか?
ブランドイメージ ★☆☆☆☆
  • わざわざここを使おうとは思わない。

ドクタースクエアについて、総合的に見てあまり評価は高くありません。求人の少なさが、全体的な評価の低さにつながっているようです。

のちほど、項目ごとに詳しく見ていきたいと思います。

口コミからわかるドクタースクエアのメリット・デメリット

メリット・デメリット 解説
メリット
  • 無料で利用できる。
デメリット
  • とにかく求人件数が少ない。
  • 稼働しているのかも不明。

ドクタースクエアは「無料で利用できる」ことをメリットに挙げましたが、他の医師求人サイトでも無料で利用できるところはいくつもあります。同じく無料であれば、求人掲載数が多い他の求人サイトやを利用した方が良いということになるでしょう。

口コミからわかるドクタースクエアがおすすめな人

項目 解説
推奨できる人
  • 無料で求人情報を見たい人
推奨できない人
  • いろんな求人情報を比較しながら応募先を見つけたい人
  • 職場の情報を詳しく知りたい人

ドクタースクエアには、気になった求人情報をクリップしておく機能があります。最大20件まで登録可能ではありますが、それよりも求人掲載数の方が少ない状態(2018年5月18日現在・5件)なので、残念ながらこの機能が役立つ場面はなさそうです。

また、求人情報を見ると、確かに労働条件についての情報は掲載されているのですが、「職場の雰囲気」や「休暇取得状況」、「求めている人物像」などといった情報は書かれていません。必要最低限の情報は書かれていますが、詳しい情報を知りたい方は別のサイトで探した方がよさそうです。

口コミからわかるドクタースクエアの特徴とメリット・デメリット

それでは、各項目の評価について詳しく見ていきましょう。

ドクタースクエアの求人件数の多さに関する評価と口コミ

サイト名 求人件数
ドクタースクエア    5件
m3.comCAREER 22,471件
e-doctor 5,150件
日経メディカルキャリア 16,996件

同じく医師専門の求人サイト3件と比べると、求人件数が圧倒的に少ないことが分かっていただけたかと思います。これはドクタースクエアの大きな弱みです。

30代女性

医師の絶対数が多くないのは分かるけど、それにしても少なすぎ。

30代女性

ファーマシストスクエアとナーススクエアのほうは結構求人件数もあるのに。

30代男性

わざわざドクタースクエアを選ぶ理由が見当たらない。

口コミからも、求人件数が少ないことについての不満がうかがえます。確かに看護師や薬剤師に比べたら医師の方が人数は少ないかもしれませんが、他の求人サイトの掲載数を見てしまうと、もっとがんばって運営してほしいと思わずにはいられません。

ドクタースクエアの求人情報の詳細さに関する評価と口コミ

サイト名 求人情報の詳細さ
ドクタースクエア 必要最低限の情報は書いてあるが、物足りなさがある。
m3.comCAREER 各求人に担当者の名前が書いてあり、連絡を取ると場合によっては病院を見学できたりトライアル勤務ができたりする。
e-doctor 各種手当てや勤務の実態について詳しい情報が掲載されている。
日経メディカルキャリア 基本的な勤務条件の他、実際に担当することになる主な症例が載っていたり、各種手当てについての情報が載っていたりする。

求人情報の件数だけでなく、詳細さにも物足りなさがあるようです。「雇用形態」や「勤務時間」、「福利厚生」など基本的な情報は掲載されているものの、他のサイトに比べて「詳細情報」は載っておらず、勤務の実態が見えてこないというのはサイトとして弱みになってしまうでしょう。

20代女性

実際どんな環境で働くことになるのかが分からない。若手の意見を聞いてもらえるのかとか、どのくらい忙しいのかとか、働いてみないと分からないのは怖い。

30代男性

ドクタースクエアはそれぞれの求人情報に掲載日が載ってないから、いったいいつから載ってる情報なのか分からない。

求人情報を探している側からすると、どんな環境で働くことになるのか応募する前にきちんと知っておきたいと思うはずです。他の類似サイトでは職場の雰囲気や手当について詳しい情報が掲載されていました。

また、ドクタースクエアの求人情報がいつから載っているものなのか、今もちゃんと募集しているものなのか分からない、という意見もありました。確かに掲載した日や情報更新した日があった方が安心です。ただ、この件についてはこのあと紹介するサイトの更新頻度と関わってくるかもしれません。

ドクタースクエアの大手求人の多さに関する評価と口コミ

サイト名 大手求人の多さ 代表的な企業
ドクタースクエア 提携している企業が1件しかない 株式会社ユニヴ のみ
m3.comCAREER 30社以上の企業と提携 株式会社マイナビ/株式会社A・ヒューマン/株式会社メディウェル など
e-doctor 独自に求人情報を集めて掲載している。 なし(※独自に求人情報を収集し、各医療法人やクリニックなどからの求人を掲載している)
日経メディカルキャリア 40社以上の企業と提携 株式会社メディカルリソース/株式会社ドクター・エージェント/株式会社エス・ケー・アイ など

例えばe-doctorは独自に求人情報を収集しているため今回の比較からは外しますが、当然ながら提携する人材派遣・紹介会社の数というのは求人情報の数にも関わってきます。その点でもやはりドクタースクエアは求人情報サイトとして他に遅れを取っていると言わざるを得ません。

20代男性

提携する人材バンク、見つからなかったんだろうな。

20代男性

ユニヴは医師の紹介から撤退する予定のはず。

イースクエアのホームページを見ると、ドクタースクエアの紹介に「全国最大12社の人材バンクを予定しており」とありますが、予定を実現できないまま今まで来てしまったようです。そして2018年5月現在、ドクタースクエアと提携している唯一の「株式会社ユニヴ」ですが、口コミにもあるように、今は医師紹介業からは手を引き、薬剤師・薬学生の就職先の紹介に特化しているようです。これでは求人掲載数が少ないのも納得です。

ドクタースクエアの業界・職種に特化した求人の多さに関する評価と口コミ

サイト名 業界・職種特化型の求人数の多さ
ドクタースクエア 医師には特化しているが求人数が少ない。
m3.comCAREER 医師に特化しているうえ、求人数も多い。
e-doctor 医師に特化しており、他にない求人が多い。
日経メディカルキャリア 医師に特化しているうえ、求人数も多い。

どこも医師に特化した求人のみを載せていますが、その分、掲載されている求人情報の数に印象を左右されそうです。

30代男性

残った1社が医師の紹介から撤退したらかなり厳しいだろう。

また、株式会社ユニヴが医師の紹介業から手を引いたことも影響しているかもしれません。それでもまだ5件ほどユニヴから提供された情報を載せています。しかし応募した時にきちんど紹介してもらえるのか、それすら不安になりそうです。

ドクタースクエアの他社にはない求人の取り扱いの多さに関する評価と口コミ

サイト名 他社にはない求人の多さ
ドクタースクエア そもそも求人が少ない。
m3.comCAREER 登録すると非公開求人が見られる。
e-doctor オーダーメイド求人・7割が非公開求人
日経メディカルキャリア 登録すると非公開求人が見られる。

すでに医師の紹介業から撤退したところと提携しているという意味では他社にはない求人を扱っていると言えるかもしれませんが、残念ながらそれは強みにはならないでしょう。

30代女性

求人がこれから増えそうな感じはしない。

40代男性

12社の枠はあるけど埋まらなかったんだろう。

医師の求人は、詳細まで公開されている「公開求人」が約20~30%、残りの約70~80%は「非公開求人」だといわれています。ドクタースクエアのサイトを見ると、この非公開求人を多く保有する人材派遣・紹介会社と提携し、他にはない求人情報を掲載する予定だったようです。

ドクタースクエアの求人の更新頻度に関する評価と口コミ

サイト名 求人の更新頻度
ドクタースクエア 毎日数回更新(※)
m3.comCAREER 毎日更新
e-doctor 毎日更新
日経メディカルキャリア 毎日更新

※ドクタースクエアを見てみると、最終更新日の日時だけが変わっていて、掲載されている件数や内容は一切変化していません。掲載求人ごとの掲載日や更新日も載っていないため、本当に更新されたのはいつか分からない状態です。

20代女性

毎日更新していることにはなっているけど、求人の件数が変わっていない。

20代男性

日付とか更新した時間とかだけ変えている感じがする。

ドクタースクエアのサイトをのぞく度に最終更新日時は変わっているのですが、確かに中身の方では変化が見られません。求人件数もずっと同じままで、実績人数も変わりません。これは新しい情報に見えるよう日付や時刻だけ変えている可能性もあるかもしれません。

ドクタースクエアのサービスや機能の多さに関する評価と口コミ

代表的なサービスや機能 解説
クリップ機能 気になった求人情報を20件までクリップして、あとからそれらをまとめて見ることができます。

クリップ機能

30代女性

登録しなくてもクリップ機能が使えるのは良い。

他のサイトでも、気になった求人情報をお気に入り登録しておく機能があるところもあります。ただ多くの場合、先に会員登録してからでないと使用できないようなので、会員登録する前からクリップ機能が使えるのは良い点でしょう。やはりクリップしておく必要があるくらい求人情報件数も多いといいのですが。

ドクタースクエアの信頼感・安心感に関する評価と口コミ

信頼感・安心感を裏付ける根拠 解説
ファーマシストスクエアとナーススクエアで実績がある ドクタースクエアと同じくイースクエア株式会社が運営している薬剤師・看護師に特化した求人サイトは、求人掲載数も多く実績も多い。

同じ会社が運営している別のサイト「ファーマシストスクエア」と「ナーススクエア」の方が有名なようです。

40代男性

医師の実情に全く合わない検索条件があって、薬剤師向けのシステムをそのままドクタースクエアに使っているのではないか。

口コミではこういった意見も見られます。先にサービスを開始していたファーマシストスクエアとナーススクエアがある程度うまくいっていた分、ドクタースクエアは失敗しているような印象を受けるようです。

ドクタースクエアの知名度の高さに関する評価と口コミ

口コミや評価の件数から考えて、ドクタースクエアの知名度は高くないと言ってよいでしょう。

40代男性

ファーマシストスクエアとナーススクエアまではよかったけど、ドクタースクエアまでは手が回っていないのかなと感じる。

やはり先にサービスを開始していた2サイトの方は、実績もある分、有名なようです。ただ、ドクタースクエアについては同じ会社が運営しているという理由で知っている人もいるようですが、知名度はイマイチといった印象です。

ドクタースクエアのブランドイメージに関する評価と口コミ

ドクタースクエアの印象について見てみると、このサイトについて不安を抱いていることが分かる口コミがありました。

30代男性

稼働しているのか不安になる。

20代女性

特に使いたいとは思わない。むしろ今まで100人以上ここのサイトを利用していたことに驚き。

求人件数のことや更新日時のこと、検索システムのことなど、仕事を探している側からすると不安に思う点がたくさんあります。他のサイトで実績があるとはいっても、やはり信用できるかというとなかなか難しいようです。他の2サイトと同じくらい力を入れていれば、もう少し違う結果になっていたのでしょうか。

 

ドクタースクエアの登録方法

では実際ドクタースクエアを利用する場合、どのような順序で進めれば良いのでしょうか。

登録時間 約3分

STEP1:気になる求人を探す

担当科や勤務地、年収、雇用形態などさまざまな点から求人を検索ができます。口コミによると、時々医師にはありえない選択肢が混じっているようですが、それは気にせず自分の希望に合った求人があるか検索してみてください。複数件あった場合は、クリップしておきましょう。

STEP2:問い合わせのボタンをクリック

気になる求人情報が見つかったら、「この求人情報に問い合わせる」というピンク色のボタンがありますので、それをクリックしてください。

また、2件以上をクリップしていた場合「検討中の求人情報一括お問い合わせ」という同じくピンク色のボタンがありますので、そちらをクリックしてください。クリップしていた求人情報について、まとめて問い合わせることができます。

STEP3:エントリーフォームの記入

まずは名前や生年月日、住所などの基本的な情報を入力します。その次に、勤務条件や就業形態など仕事についての希望・要望などを書きます。もし今までに職務経歴があれば、それについても詳しく記入してください。

STEP4:入力内容の確認

問い合わせ先や入力した内容に間違いがないか、確認をしてください。問題がなければ「この内容でエントリーする」というボタンを押して完了です。

ドクタースクエアに関するよくある質問と回答

本当に無料で使えるの?

求人情報の閲覧から求人先と契約を結ぶまで、最初から最後まで無料で利用することができます。ただし、面接や試験を行う際の交通費などは、基本的に自己負担になります。遠距離で交通費などがかかる場合は、応募先の求人担当・面接担当などに自身でご連絡ください。

希望する求人が見つからないときはどうしたらいい?

検索条件を変えることで、表示される求人が増えることがあります。希望条件を変えてみたり、検索ワードを減らしてみたりしてください。また、それでも見つからない場合には、提携している人材派遣・紹介会社から求人情報を得ることができます。

※という回答ですが、ドクタースクエアのサイト内に載っていますが、扱っている求人件数が1桁、提携している人材派遣・紹介会社も1社という状態ですので、大人しく他のサイトで探すのが賢明かもしれません。

まとめ:ドクタースクエアで転職・就職は難しい

今まで何度も書いてきましたが、やはり、求人件数や提携している人材派遣・紹介会社が非常に少なかったり、検索システムがおそらく他のサイトの使い回しだったり、ちゃんと内容が更新された形跡が見られなかったりと、いろいろと問題を抱えている求人情報サイトのようです。

掲載されている求人に応募することはもちろん可能ですが、ここだけで転職・就職先を見つけるのは難しいでしょう。ドクタースクエアだけではなく他の求人情報サイトも検索してみてください。

現在も稼働しているのか怪しいところなので、こういうサイトもあるよ、という程度で覚えておいていただければと思います。