マイナビ転職とは?

日本最大級の転職サイトといわれている「マイナビ転職」。転職に特化している求人サイトです。大手転職サイトは他にもありますが、マイナビ転職ならではの強みや特徴があるので、その詳細を1つずつ確認していきましょう。

他にない求人情報が多く掲載されている転職サイト

マイナビ転職は、日本最大級の転職・求人を掲載する転職サイトです。「日本最大級」を裏付けるポイントは、常時約8,000件以上を超える求人数があることが挙げられます。多いときでは9,000件以上の求人数が掲載される時期が続くこともあり、掲載されている求人数のうち、マイナビ転職にしか載っていない求人数が83%(2018年5月10日調べ)もあるそうです。

つまり、掲載されている求人情報のうちの83%が他にない求人情報だということ。他のサイトにも多数掲載されている場合、企業側は求人を多く集めることができるのでメリットがありますが、求人側の立場からすると、求人数が多いと競争率が高くなるのでデメリットだと捉えることもできます。マイナビ転職にしか載っていない求人であれば、その分応募数が少なくなり、他よりも競争率が低くなるというメリットはあるのです。

また、比較的営業職やサービス業の求人が多いことも特徴。転職サイトではありますが、未経験者歓迎という企業も多数掲載されています。中小企業やベンチャー企業の求人も目立ち、どちらかというと第二新卒者やなるべく早く転職したい方、20代~30代前半くらいの若い世代の方向けの求人が見つかりやすいです。ただ、大手企業からベンチャー企業まで、幅広い求人情報があるので、30代以上の方もチェックする価値はあります

マイナビ転職の運営会社情報

項目 詳細
サイト名 マイナビ転職
運営会社名 株式会社マイナビ/Mynavi Corporation
代表者 中川信行
資本金 21億210万円
本社 東京都千代田区一ツ橋一丁目1番1号
拠点 本社 竹橋オフィス
ホームページ https://tenshoku.mynavi.jp/
営業時間 本社 竹橋オフィスは9:15~17:45(土・日は定休日)
電話番号 基本的に電話での問い合わせ窓口はない
会社全体の問い合わせの場合 TEL:03-6267-4000(代表)
メールアドレス 基本的にメールでの問い合わせ窓口はない
会社全体の問い合わせの場合 MAIL:daihyh_1@mynavi.jp

株式会社マイナビは、「マイナビ転職」をはじめ、人材情報サービス、人材派遣・人材紹介サービス、進路情報サービス、出版サービス、その他各種情報サービス(ウエディング情報、賃貸住宅情報など)、文化事業などと、多数の情報サービスサイトを運営。

転職関連サイトに絞ると、「マイナビ転職」「マイナビ転職エージェントサーチ」「マイナビエージェント(マイナビエージェントの無料転職支援サービス)」「マイナビミドルシニア」「マイナビ転職正社員求人サーチ」「JIMOQ(ジモト向け求人情報)」「シゴトサプリ」があります。

そのうちの1つである「マイナビ転職」は転職情報・支援サービスを豊富に掲載する総合転職サイト。東京、大阪、福岡、愛知(名古屋などの都心から地域まで、日本全国の転職・求人情報に対応しているので、地域別の転職サイトや業種からも転職情報を探すことが可能です。マイナビ転職の求人情報が更新されるのは、毎週火曜日と金曜日。1,000件前後の新着求人が更新されます。

口コミを調査したマイナビ転職の総合評価

口コミを調査したマイナビ転職の総合評価をチェックしてみましょう。より有意義なものになるように、まずは求人者が転職サイトに対して求めていることを確認することが重要です。

@type(アットタイプ)という転職サイト内で転職に関するアンケートを行っています。「転職サイトを利用する場合、どのような点を重視しますか?」というアンケートの質問に対しては、「求人件数が多い」「求人内容が詳細」「登録した後に使い易い」「信頼感・安心感がある」という回答が多かったです。

やはり「求人件数の多さ」というのは、転職サイトを利用する上では絶対条件だといえます。また、「求人内容が詳細」であることもできれば絶対条件に入れたいところです。詳細な内容がわからないまま求人の申し込みをすると、実際に企業で面接を受けたとき、あるいは採用されて入社した後に、思っていた仕事内容や給料とまるで違うということが起こる可能性があります。

「登録した後に使い易い」というのは、会員登録した後のサービスが充実しているか、無料会員登録をするメリットはあるのかがポイントです。最後に、「信頼感・安心感がある」というのも重要なこと。マイナビ転職のように知名度の高い大手の転職サイトであれば利用者が多いので、悪質な求人情報はほとんどないはずです。掲載する際にマイナビ転職側が企業の情報を精査した上で掲載しているので、虚偽の求人情報を出している企業はおそらくないでしょう。

上記のポイントを中心に、編集部でマイナビ転職の口コミを調査し、特徴をまとめてみました。

口コミからわかるマイナビ転職の総合評価

カテゴリ 項目 評価 解説
求人 求人件数の多さ ★★★★☆
  • 常時約8,000件以上の求人情報を掲載
  • スカウトの利用企業は年間で約17,000社
求人情報の詳細さ ★★★★☆
  • 無料会員登録をすると求人情報の詳細を観覧できる
  • メールマガジンでの求人情報、スカウトサービスなど、転職に役立つサービスが充実
大手求人の多さ ★★★★☆
  • 「大手・上場・優良企業の求人特集」の求人数は120件前後ある(変動あり)
  • 大手に特化しているわけではないが、年収600万円以上の求人情報は1,500件前後、年収1,500万円以上ある(変動あり)
業界・職種に特化した求人の多さ ★★★★☆
  • 職種は、営業、管理・事務、建築、土木、技能士、設備、配送、農林水産の求人数が多い傾向がある
  • 他サイトと比べると中小企業やベンチャー企業の求人情報が多い
他社にはない求人の取り扱いの多さ ★★★★☆
  • 求人数約8,500件前後のうち、マイナビ転職にしかない求人が約83%
  • 正社員の転職情報は第三者機関で評価NO.1に選ばれたことがある
求人の更新頻度の多さ ★★★★☆
  • 毎週火・金に新着求人を約1,000件前後更新
  • 新着求人とは別で企業から直接オファーが届くスカウトサービスがある
機能・サポート 登録後の使いやすさ ★★★★☆
  • WEB上での管理が可能になる(応募先企業の求人情報、応募のデータ、企業とやりとりしたメッセージ、WEb履歴書の登録など)
  • 企業から直接応募のオファーが届くようになる(スカウトサービス)
サービスや機能の多さ ★★★★☆
  • 応募・メッセージ管理、WEB履歴書登録、MY検索条件を登録、気になる求人をブックマークなどの会員専用機能が便利
  • メールマガジン、スカウトサービス、転職MYコーチ、適性診断、掲載予定求人閲覧などの会員限定サービスが多数
サポートの充実レベル ★★★★☆
  • 履歴書の書き方、希望に合う求人紹介、面接のアドバイスなど、転職に役立つアドバイスをしてくれる「転職MYコーチ」がある
  • 関連サイトの「マイナビエージェント」など、転職支援サービスが充実
ブランド・信頼度 サイトの信頼感・安心感 ★★★★☆
  • 国内最大級の転職サイトなので安心して利用できる
  • 年々求人数が増えている傾向があり信頼度が上がっている
知名度の高さ ★★★★☆
  • 業界大手の転職サイトとして有名
  • 女優の宮崎あおいさんを起用したCMも話題
ブランドイメージ ★★★★☆
  • 業界大手で利用者が多いので安心できる
  • 求人情報以外に転職支援サービスが充実している

マイナビ転職は、日本最大級の転職サイトで求人件数が豊富。また、毎週火・金曜日には新着情報が1,000件以上更新され、多いときには2,000件ほど更新されることも珍しくありません

また、マイナビ転職ならではの強みの1つが、転職支援サービスが充実していること。スカウト、履歴書や職務経歴書のコーチング、仕事適性診断、ITエンジニアのスキル診断など、転職に役立つためのさまざまな支援を行っています。

転職セミナーや転職EXPOや転職セミナーなどの転職イベントも人気です。転職イベントとは、採用担当者や先輩社員と直接話ができる合同企業説明会のこと。東京、大阪、名古屋、札幌、広島、仙台など、北海道から九州まで全国各地で行っています

口コミからわかるマイナビ転職のメリット・デメリット

メリット・デメリット 解説
メリット
  • 求人数が多い
  • 未経験者歓迎が多いので応募しやすい
  • 転職に役立つサポート・支援サービスが充実している
  • 求人企業の情報量が多い
デメリット
  • 求人数が少ない職種もある(医療・福祉関係など)
  • 20代・30代向けが多いので40代以降の求人は少なく感じる
  • 希望条件を絞り込まないと「希望の求人のメール」がたくさん送られすぎる

「求人数が多い」というのは、転職サイトを利用する上で重要なポイントです。マイナビ転職は掲載料金が安いということもあり、掲載を希望する企業が多く、求人件数は年々増えています。会員数も比例するように増えているため、相乗効果で条件の良い企業の掲載も増えている印象です。

マイナビ転職の特徴は、比較的20代・30代向けの求人が多いこと。一方で、比較すると40代以降の求人が少なく感じるかもしれません。しかし、大手企業の求人や年収が高めの求人も掲載されているので、根気よくチェックし続けることをおすすめします。

職種では、接客や事務関係の掲載が多いです。また、転職サイトでは珍しく、未経験者歓迎の企業の掲載も多数あるので、転職に自信が持てない方でも勇気を出して応募することができます。そして同時に、書類選考に通りやすく面接まで進みやすいということもいえるでしょう。

「求人企業の情報量が多い」というのは、求人の1つ1つにマイナビ編集部の取材担当者のコメントが掲載されていることが大きなポイント。企業内のイメージが伝わるので、入社後のミスマッチも少なくなりそうです

さらに、担当のカウンセラーがついてくれてしっかりとサポートしてくれるのも嬉しいポイント。より転職を有利に進めたいなら、転職エージェントを併用するとさらに良いです。

求人件数が多いことから、希望の職種に合った求人がメールでたくさん送られてくるので、初めのうちは「こんなに求人がたくさんあるから希望が持てる」とワクワクしていたけれど、あまりにもたくさんありすぎて、本当に自分に合う企業を絞り込めないという口コミもあります。対策としては、希望条件をより絞り込むか、やはり転職エージェントを併用しながら転職活動を進めていくことがおすすめです。

口コミからわかるマイナビ転職がおすすめな人

項目 解説
推奨できる人
  • 20代・30代の若手社会人や第二新卒者
  • 転職に慣れていない方
  • 転職で失敗したくない方
  • アドバイスやサポートを受けながら転職活動をしたい方
推奨できない人
  • 40代以降の社会人
  • 高地位・高年収のこだわりが強い方
  • 医療・福祉系を希望する方
  • サポートや支援サービスを必要としていない方

マイナビ転職は20代・30代の若手社会人や第二新卒者向けの求人が多いので、若い世代の方は希望する企業が見つけやすいです。一方で、40代以降の社会人の方で、地位や肩書や年収にこだわる方は、希望する企業が見つかりにくいかもしれません。

転職に役立つサポートや転職支援サービスが充実していることもマイナビ転職の強みの1つなので、転職活動に慣れていない方は特に利用するメリットが大きいと感じるでしょう。履歴書や職務経歴書の正しい書き方や面接対応などの具体的なアドバイスをもらえるので、転職活動をする上で心強いです。

「入社して失敗した」という状況にならないためには、企業に応募する前に、企業側が提供している情報以外にも、もっと深い企業情報(会社内の雰囲気など)を知っておきたいものです。その点では、マイナビ転職の求人情報を見ると「社員インタビュー(先輩社員のコメント)」や「マイナビ編集部の取材後記(マイナビ転職が企業に取材した際の印象)」など、求人情報をチェックするだけでも深い企業情報を知ることができます

口コミからわかるマイナビ転職の特徴とメリット・デメリット

転職サイトを利用する方はたくさんいます。マイナビ転職だけではなく、たくさんの転職サイトがあるので、どのサイトを利用したらよいのか迷ってしまう方も多いことでしょう。

各転職サイトはそれぞれに特徴や強みがあります。どのサイトを利用したらよいのかを知るためには、それぞれの特徴とメリット・デメリットを知ることが大切です

しかし、やみくもに転職サイトの詳細情報を隅から隅まで見ていくのも大変。以下には、マイナビ転職のさまざまな項目に関する評価と口コミを調査した結果をまとめています。利用するメリット・デメリットを探るためにも、評価や口コミは参考になります。それでは順番に見ていきましょう。

マイナビ転職の求人件数の多さに関する評価と口コミ

サイト名 登録会員数 求人件数
マイナビ転職 約444万人 8,000件以上
マイナビエージェント 非公開 約7,000件(公開求人のみ)
マイナビ転職エージェントサーチ 非公開 約8万件
リクナビNEXT 約700万人 約9,000件
リクルートエージェント 約50万6,000人 約8万5,000件
@type 約270万人 約2,000件
DODA 約406万人 約4万件

マイナビ転職は、業界最大手といわれているリクナビNEXTと比較されることが多いです。両者を比較してみると、登録会員数も求人件数も近いことがわかります。また、「マイナビエージェント」及び「マイナビ転職エージェントサーチ」、「リークルートエージェント」と、エージェントサービスを利用した関連サイトを併用する方も多いです。エージェントサービスを利用することで、求人件数も多くなります

マイナビ転職の強みは、他社と比較して登録会員数及び求人件数がトップクラスであること、関連サイトの「マイナビエージェント」「マイナビ転職エージェントサーチ」を併用することで、より転職活動が有利になることです。特に、エージェントを利用した関連の転職サイトも併用できるというのは大きな強みになります。

リクナビNEXTは業界最大手とされていますが、マイナビ転職は年々登録会員や求人件数が増えているため、「業界最大手」の立ち位置に追いついた形だといえるでしょう。マイナビ転職が業界トップの転職サイトへと成長したのは、他社と比較して企業の求人掲載料金が安めであるため、掲載する企業が増えたことが1つの理由として挙げられます。

また、求人件数は、一般的に公開されている「公開求人」と、登録者しか見ることができない「非公開求人」があります。上記の求人件数は、ほとんどが公開求人の数です。この数とは別で、非公開求人が存在しているサイトもあります。

下記は、マイナビ転職利用者の求人件数に関する口コミです。

20代女性・小売業

条件をかなり絞っても、掲載量が多かったので希望に合う中から選べた。

30代女性・その他

マイナビしかない求人が多いので、時間をかけてじっくりチェックする価値があった。

30代女性・営業事務

スカウトメールもある程度多かったのが良かった。

やはり、求人件数が多いという点に対して高評価の意見が多いです。求人件数が多ければ多いほど、条件を絞っても自分の希望に合う企業がいくつかあり、その中から選ぶことができるので、妥協することなく希望の企業に応募できます。また、マイナビしかない求人が多いので見ごたえがあり、時間をかけてじっくりチェックする価値はあるでしょう。

求人件数が多いだけではなく、スカウトメールの量も多めのようです。まだどのような仕事に就きたいのかはっきりと定まっていない方にとっても、スカウト機能は便利。自分がまだ知らなかった職種や業種のスカウトも送られてくるので、視野が広がります

マイナビ転職の求人情報の詳細さに関する評価と口コミ

サイト名 求人情報の詳細さ
マイナビ転職 詳細な企業情報に加え、先輩社員のインタビュー、マイナビ転職編集部の取材コメントなどを掲載
リクナビNEXT 企業情報以外の情報は「メッセージ」で確認でき、商社イな企業情報(待遇・福利厚生など)は「求人情報」で確認できる
DODA 募集要項以外では、企業PR、チーム・組織構成、風土などが確認できる
@type 会員登録をすると面接情報も確認できる
ビズリーチ 有料会員になることで、企業情報などの詳細を確認できる

多くのサイトで「募集要項」以外にも詳細な求人情報を掲載していますが、マイナビ転職の場合は企業側からのPRやコメントやインタビューだけでなく、マイナビ転職側から見た企業のイメージがコメントとして添えられているところがポイント。他社でもそのようにコメントが掲載されていることはありますが、1つ1つの企業すべてに取材したコメントが添えられているサイトはなかなかありません。

企業側からのPRやコメントやインタビューは、どうしても自分の企業が良いということを伝えたいという思いが強くなるので、会社の雰囲気などが伝わりづらいです。一方で第三者であるマイナビ転職が見た企業のイメージのコメントがあると、実際に入社した後のイメージがつかみやすいので、これはマイナビ転職ならではの強みだといえるでしょう。

マイナビ転職の求人企業のページは、まず1番初めに「ここがポイント!」という点を6項目くらいで簡潔にまとめてあるので、わかりやすいです。その下に「募集要項」「この求人の特色」「会社・仕事の魅力」「会社情報」「取材後記(マイナビ編集部から)」「応募方法」「問い合わせ先」という項目があります。このようにわかりやすくまとめられているので、求人企業のページが見やすいというのもマイナビ転職ならではのポイントだといえるでしょう。

下記は、マイナビ転職利用者の求人情報の詳細さに関する口コミです。

20代男性・接客業

求人情報が見やすく、検索も簡単にできて便利。

30代女性・営業事務

他社と比べて求人企業に関する情報が見やすい。

30代男性・職種不明

初めに「ここがポイント!」という項目があるのでわかりやすい。

求人情報の詳細さについては、高評価の口コミが多いです。他社でも募集要項以外の記載があるものの、企業側からのPRコメントなどが多かったり、逆に多くの情報が記載されすぎて見づらかったりします。一方でマイナビ転職は、情報が詳細に記載されているだけでなく、見やすく簡潔にまとめられているところも評価が高くなっているポイント。

情報量が無駄に多いと、逆に見づらかったり伝わりづらかったりします。情報量が多く、さらにそれらが簡潔にまとめられていて見やすいというのがマイナビ転職の強みです。特に、初めに記載のある「ここがポイント!」という項目や、マイナビ編集部が企業に取材した際に受けた印象の「取材後記(マイナビ編集部から)」のコメントが評判。これらがあることで、企業のイメージがより伝わりやすくなっているようです。

マイナビ転職の大手求人の多さに関する評価と口コミ

サイト名 大手求人の多さ 代表的な企業
マイナビ転職 「大手・上場・優良企業の求人特集」がある 三菱UFJ銀行/井村屋/アメリカン・エキスプレス・ジャパン/日本電気/富士通/全国農業会議所など
リクナビNEXT 「大手企業」のキーワード検索の求人情報は約850件 大東建託株式会社/タマホーム株式会社/RIZAP/TOHOシネマズ電通ワ-クス/森永乳業/Apple/コーセーなど
DODA (年収600万円以上)大手求人は約200件 ネスレ日本株式会社/セイコーエプソン株式会社/株式会社ワールドコーポレーション/SFPホールディングス株式会社など
@type 大手企業で検索できる項目があり、大手企業の中でもさらに職種等を絞って検索可能 ヤフー株式会社/サッポロビール株式会社/LINE株式会社/株式会社フィリップス・ジャパンなど。
ビズリーチ 大手企業の求人に強い 有料会員のみ公開

マイナビ転職は、大手求人に力を入れているサイトではありません。しかし、全くないということではなく、「大手・上場・優良企業の求人特集」もあるので、大手の求人を探している方でも役立ちます。

「大手・上場・優良企業の求人特集」で掲載されている求人件数は、約120件前後。リクナビNEXTなどの他社の大手転職サイトと比べると、大手企業に関しては求人件数が少なめだといえるでしょう。また、ビズリーチのように大手企業に力を入れている転職サイトと比べると、「大手企業」という点のみでは、マイナビ転職のほうがはっきりいって弱いです。

ただし、他社では大手企業の特集を組んでいるサイトが少なく、フリーワード等で検索するしかないので、大手企業に限定して求人を探している方にとっては、マイナビ転職で大手求人の特集を見れば大手の求人を見つけやすいというメリットはあります。

下記はマイナビ転職の大手求人の多さに関する口コミです。

30代女性・食品関係

スカウトのメールは建築関係、運送関係、人材派遣業が多い。

30代男性・運送業

前職よりも少しキャリアアップできた。

40代男性・職種不明

40代向けやハイキャリア向けの求人が少ない。

高収入を重視すると、希望の職種のスカウトメールが来なくなる可能性があります。人によっては、「職種を重視するか」「年収を重視するか」という問題もありそうです。前職から職種を変えたら少しキャリアアップ(前職よりも年収が上がった)というケースもあります。

マイナビ転職は、20代や30代向けの求人が多めなので、40代以降の利用者からは不満の声も上がっています。特にハイキャリアを求める方からは、希望する職種や高年収の企業の求人が少ないという声が多いです。

これらの口コミからもわかるように、大手企業や高年収を求める方にとっては、不満な面があるようですが、一方でマイナビ転職には「大手・上場・優良企業の求人特集」があるので、とりあえずこちらをチェックしてみるというのも手段としては有効だといえるでしょう。

マイナビ転職の業界・職種に特化した求人の多さに関する評価と口コミ

サイト名 業界・職種特化型の求人数の多さ
マイナビ転職 業界・職種にこだわっていないものの、営業職、事務職、技能士、建築関係の求人が多い傾向がある
リクナビNEXT 業界・職種で特化したジャンルはなく、取り扱いの幅が広い
DODA 大手、外資、ベンチャーなど、多種類の求人があり、特にIT系の企業に強い傾向がある
@type IT/WEB関連、営業関連の割合が高い
ビズリーチ 業界・職種問わず、ハイキャリアを狙える求人が多い

ほとんどのサイトが大々的に「この業界・職種に特化している」と売り出してはいないものの、求人数の割合を見てみると、それぞれに特徴があることがわかります。マイナビ転職の場合は、営業職、事務職、技能士、建築関係の求人が多い傾向があり、逆に医療・福祉、医薬・食品関係、公共サービスなどの専門性が強い分野の求人数は少ないです。ただ、他社でも専門性が強い分野の求人数は少なめなので、この部分がマイナビ転職の弱みにつながるとはいえないでしょう。

マイナビ転職の場合は、専門的な職種の掲載は少なめですが、中小企業やベンチャー企業の求人が多数掲載されているので、職種にこだわらず自分の可能性を試したいという方に向いています

下記は、マイナビ転職の業界・職種に特化した求人の多さに関する口コミです。

20女性・営業

新着アラートやおすすめで希望する職種を含めそれ以外の職種もチェックし、お気に入り登録で比較できて便利だった。

30代男性・運送業

サービス残業が嫌で介護の仕事から運送会社の長距離ドライバーに転職しました。

20女性・法律業界

いくつかスカウトのオファーがあったが、希望する業界のスカウトはなかった。

マイナビ転職では、幅広い業界・職種の求人があります。そのため、口コミでも希望する業界・職種を含め、別の業界・職種も目につき、探しているうちに視野が広がって違う業種・職種に興味が出てきたという方も多いです。

スカウトのメールでも、希望する業界・職種を含め、それ以外の業界・職種からのオファーも届くようなので、そのことが視野が広がって良かったと感じる方もいれば、希望していない業界・職種のスカウトがたくさん来て迷惑メールみたいに感じてきたという方もいます。

マイナビ転職は求人件数が多いだけに、複数の企業からスカウトのメールが届いたり、たくさんの新着求人メールが届いたりするので、そのことが良いと感じるか嫌だと感じるかは個人差があるようです。

マイナビ転職の他社にはない求人の取り扱いの多さに関する評価と口コミ

サイト名 他社にはない求人の多さ
マイナビ転職 公開求人のうち、マイナビ転職にしかない求人は約83%
リクナビNEXT スカウトに登録すると、他社にない非公開求人のオファーを受けることがある
DODA DODAエージェントサービスに登録すると、他社にない非公開求人を紹介してもらえることがある
@type type転職エージェントの無料転職サポートに
登録すると、他社にない非公開求人を紹介してもらえることがある
ビズリーチ エグゼクティブ向けの会員制のサイトなので、他社にないクオリティーの高い求人が多い

すべてのサイトが他社にない求人が含まれている可能性がありますが、マイナビ転職のみが他社にない求人の割合を具体的な数字で示しています。トータルの求人件数も他社と比べてトップクラスの多さですが、そのうちの83%が他社にない求人とのことです

この点に関してはマイナビ転職ならではの圧倒的な強みと評価できるでしょう。大手企業であればいろいろな転職サイトに求人を載せて、幅広い人材を集めようとしますが、マイナビ転職の場合は中小企業やベンチャー企業など、今後の成長が楽しみな企業の掲載が多いことも、他社にない求人が多い理由。また、他社と比べると比較的掲載料金が安いようなので、他社ではコストが気になり求人を載せることができなかった企業も、マイナビ転職なら掲載できるということで、マイナビ転職のみに求人を載せている可能性もあります。

下記は、他社にはない求人の取り扱いの多さに関する口コミです。

30代女性・職種不明

マイナビしか載っていない求人が多く、検査項目も充実しているので、チェックしがいがある。

30代女性・アパレル関係

求人数が多く有名なサイトで、他社にない求人が多いとうたっているので、とりあえずチェックしてみようと登録した。

30代男性・法律関係

他社にない求人があるとのことでチェックし、希望の求人を見つけましたが、大都市部のものが多かった。

「他社にない求人の取り扱いの多さ」に関しては、マイナビ転職の最大の売りともいえるポイント。ホームページでも大々的にこのことをアピールしていることから、マイナビ転職にしか載っていないということを大きな強みにしていることがわかります。

また、口コミでもこの件に関する意見は多く見受けられます。マイナビ転職にしか載っていないので、その情報をチェックしたくてとりあえず会員登録をするという方は多いです。

確かに、会員登録は無料で、情報をチェックするだけでもよいので、とりあえず会員登録だけでもしておくというのは得策だといえます。ただし、他社にない求人が多いことは事実ですが、それが希望に合う求人かどうかは別の問題です。実際、地方に住んでいる方で、希望の求人が都心部だったために応募を断念したという口コミもあります。必ず希望の求人に出会えるかどうかは約束できませんが、チェックする価値はありそうです

マイナビ転職の求人の更新頻度に関する評価と口コミ

サイト名 求人の更新頻度
マイナビ転職 毎週火曜・金曜に1,000~2,000件くらい新着求人が更新される
リクナビNEXT 毎週水曜・金曜に1,000~2,000件くらい新着求人が更新される
DODA 毎週月曜・木曜に約5,000件くらい新着求人が更新される
@type 毎週火曜・金曜に約600件くらい新着求人が更新される
ビズリーチ 新着求人の更新曜日を定めていない

上記を比較してみると、DODAの新着求人数がずば抜けて多く感じますが、その理由は、DODAはエージェントサービスと一体型のサイトだからです。マイナビ転職やリクナビNEXTは、エージェントサービスのサイトが別にあるので、2つのサイトを併用して利用する方が多いことが特徴。マイナビ転職だけでみると、新着求人数が劣っているように感じますが、そうではなくエージェントサービスが別にあることがポイントになっています。

マイナビ転職の場合、「マイナビエージェント」「マイナビ転職エージェントサーチ」のいずれかまたは両方を併用しながら活用することで、より多くの求人を閲覧できるとともに、自分に合う企業の紹介を受けることも可能です

マイナビ転職の新着求人は週に2回あり、1回あたり1,500件前後は更新されます。多いときは2,000件を超える新着求人が更新されることもあるので、見応え十分です。また、希望する条件を登録することで、希望に合う新着求人をメールで受け取れます。

下記は、求人の更新頻度に関する口コミです。

20代男性・教育関係

忙しく転職先を探していたので、新着求人のメールはものすごく助かった。

30代女性・営業

自分の希望の職種に合わせた新着求人があるとメールが来るのですが、これは登録した条件とずれたものも送られてくる。

40代男性・職種不明

新着求人のメールが定期的に届き、数が多いので次第に見るのが面倒になってきた。

新着求人の更新は週に2回で、1回あたり1,000件~2,000件くらい更新されるので、公開求人を見ているだけでも十分に見応えがありそうですが、実際の利用者は、新着求人のメールをうまく活用しているようです。新着求人のメールがたくさん届くので、「いろいろな企業をチェックできてうれしい」という意見もあれば、「たくさん届きすぎてみるのが大変、面倒くさくなってきた」などとネガティブな意見も見受けられます。

新着の更新がたくさんあっても、それらが自分が希望する企業かどうかはわかりません。もし、転職を急いでいるなら、サイトで公開求人をチェックするよりも、新着求人のメールをチェックしたほうが流れがスムーズになることでしょう。さらにいえば、エージェントを活用すると、より自分に合う企業を紹介してくれる可能性もあります。

マイナビ転職の登録後の使いやすさに関する評価と口コミ

サイト名 登録後の使いやすさ
マイナビ転職 「適性診断」「企業からのスカウト」「WEB履歴書添付」などのさまざまな会員限定サービスが無料で利用できる
リクナビNEXT 気になった求人はマイページに保存でき、後でゆっくり求人情報を見ることができる
DODA 「スカウトサービス」や「年収診断」「キャリアタイプ診断」など機能・サービスを利用できる
@type 希望の職種や勤務地からの検索だけでなく、登録情報に合うおすすめの求人情報や転職イベント情報が案内される
ビズリーチ 会員登録は有料ですが、会員になればハイキャリア向けの求人を多数閲覧できる

ビズリーチは唯一会員登録は有料ですが、マイナビ転職を含め、他は会員登録が無料です。しかし、会員登録することで受けられるメリットには少し差が出ています。

マイナビ転職では、会員登録をすると6つのメリットを受けることが可能。6つのメリットとは、「適性診断」「企業からのスカウト」「気になる」「新着求人メール」「WEB履歴書添付」「求人マッチング」です。

正直なところ、マイナビ転職は会員登録をしなくても求人を観覧できます。しかし、会員登録をしないと応募や面接などの流れに進むことはできません。さらに、上記の6つのメリットも利用することができないので、転職を希望するならとりあえず会員登録をしておくとよいでしょう。

下記は、登録後の使いやすさに関する口コミです。

20代男性・営業職

ログインしたときのマイページが使いやすかった。

20代女性・事務職

マイナビ転職が1番わかりやすく、使いやすいと思った。

20代女性・事務職

女性専用のカテゴリや、希望の勤務地などで絞って検索でき、使い勝手が良かった。

転職活動中・求職中の方は、転職サイトを1社だけ登録する方は少なく、何社か登録している方が多いのですが、その中でマイナビ転職が総合的に最もサイトが見やすく使いやすかったという意見は注目ポイント。サイトが見づらいと、せっかく良い求人情報が掲載されていたとしても、見る気が失せてしまいます。

ログインしたときのマイページが使いやすいという意見も多数。「最近保存した求人」「最近見た求人」「あなたの希望にマッチした求人」などと細かく項目がありますが、細かくても使いやすいです。

マイナビ転職の口コミは、サイトが見やすい、使いやすいという声が多く、会員登録後はさらに利便性が上がります。会員登録は無料なので、「とりあえず登録しておこう」という気軽な気持ちで登録するのもおすすめです。

マイナビ転職のサービスや機能の多さに関する評価と口コミ

代表的なサービスや機能 解説
スカウトサービス 登録されている希望条件や経験やスキルを見て、興味を持った企業から直接オファーが届く
メールマガジン 新着求人、希望条件に合う求人、転職活動に役立つノウハウなどの情報が届く
転職MYコーチ マイナビ転職専任アドバイザーによるWEB履歴書の添付、求人紹介、面接のアドバイスをWEB上で受け取ることができる
適性診断 2種類の仕事適性の診断をWEB上で無料で利用できる
掲載予定求人閲覧 もうすぐ募集が始まる掲載予定の求人をいち早く閲覧できる
応募・メッセージ管理 応募した企業の求人情報、応募データ、企業とのやり取りやメッセージをWEB上で管理できる
WEB履歴書登録 WEB履歴書を登録しておくことができる
MY検索条件 希望する求人検索条件を最大5件まで登録しておくことができる
気になる 気になる求人情報をブックマークしておくことができる

上記はマイナビ転職を代表する機能やサービスです。「スカウトサービス」「メールマガジン」「転職MYコーチ」「適性診断」「掲載予定求人観覧」は会員限定のサービス。「応募・メッセージ管理」「WEB履歴書登録」「MY検索条件」「気になる」は会員専用の機能です。

この中では、特にスカウトサービスを利用したくて会員登録を行うという方がたくさんいます。希望条件や経験・スキルなどを登録したら、それを見て働いてほしいと思ってくれた企業が直接オファーをくれるので、スカウトサービスは転職活動の大きな味方になるサービスです。

マイナビ転職には、嬉しいサービスと便利な機能がたくさんあるので、転職活動をする上では利用しない手はありません。下記は、それぞれのサービスや機能の詳細です。

スカウトサービス

スカウトサービスに無料登録するだけで、希望条件や経験・スキルなどの登録情報を見て興味を持った企業から直接応募のオファーが届きます。スカウトを受け取っても必ず応募する必要はないので、応募する企業を効率よく見つける手段として活用するとよいでしょう。

書類選考免除、スカウト限定求人もあるので、スカウトを利用するメリットは大きいです。また、個人情報は匿名で公開されるなので、在籍中であっても安心して利用できます。

メールマガジン

新規会員登録やマイページで各種設定の変更をし、希望する条件を登録すると、その条件に合う新着求人が届きます。マールマガジンの種類はいろいろです。「新着求人メール」「転職「知っトク」メール」「締切間近!求人情報メール」「エリア情報メール・号外メール」「利用状況お知らせメール」「サイト活用サポートメール」「積極求人情報メール」などが届きます。

転職MYコーチ

WEB履歴書が上手く書けない方に向けて、魅力的な履歴書や職務経歴書の書き方のコツをプロがアドバイスしてくれるサービス。CDAというキャリアデベロップメントアドバイザーや、キャリアコンサルタントなどの資格を持つプロのキャリアアドバイザーチームが転職MYコーチです。IT、メーカー、小売業、流通業など、さまざまな業界を熟知した「マイナビ転職専任アドバイザー」が丁寧にアドバイスしてくれます。

適性診断

自分の強みと弱みを知るために役立つのが適性診断です。2種類のテストを通じて、仕事に対する適性や価値観、基礎的能力の診断をします。仕事を選ぶ際の基準を発見したり、適正にマッチした求人を探せるようになったりと、今後の転職活動において役立つことでしょう。

掲載予定求人閲覧

会員登録者限定のサービス。掲載前にいち早く求人情報をチェックできるので、気になる企業があれば、会員登録していない方よりも余裕を持って検討できます。気になる企業があると、つい焦って詳細情報を確認することなく応募してしまう方もいるので、しっかりと情報を確認でき、余裕を持って検討できるのは嬉しいポイントです。

応募・メッセージ管理

企業からの受信メッセージを、ログイン後に「応募・メッセージ管理」の画面から確認できる便利な機能があります。メッセージの送受信や履歴の全てがこの画面から確認可能です。ただし、連絡手段は企業によって異なるので注意が必要。メールアドレスや電話でのやりとりになるケースもあります。

WEB履歴書登録

WEB履歴書を登録しておき、スカウトサービスを利用する際は、(匿名で)公開することで求人企業から直接応募のオファーが届きます。また、マイナビ転職で登録した会員情報やWEB履歴書は、「マイナビ転職エージェントサーチ」にも同時登録され、その後マイナビ転職で更新した情報もマイナビ転職エージェントサーチに反映することが可能です。

MY検索条件

希望する求人検索条件を最大5件まで登録でき、毎回同じ条件で求人を検索することができる機能です。マイナビ転職は求人件数が多く、希望の求人を探すのが大変なので、MY検索条件を登録して活用したほうがよいでしょう。

気になる

気になる求人があれば、「気になる」に保存すると、企業に匿名のプロフィールが公開されます。企業の採用担当者は「気になる」を見て興味があるユーザーがいれば、「興味あり」を返すというシステムです。企業とのマッチングが成立すると、書類選考が通りやすいです。(ただし通過を保証するものではないので注意しましょう。)

上記以外にもさまざまなサービス・機能はあります。例えば、サービスでは「転職ノウハウ」「転職イベント」「転職スタートアップセミナー」も評判。機能面では、「最近見た求人」でチェックした求人をすぐに閲覧できたり、「人気求人ランキング」「特集」から求人情報をチェックすることもできます。

いろいろあるサービス・機能の中で特に優れていると評判が高いのが、上記でピックアップした項目。「スカウトサービス」は、会員登録する一番の目的だという声が多いです。「メールマガジン」で新着求人をチェックしたくて登録したという声もあります。

そして、マイナビ転職で特に優れているサービスは、「転職MYコーチ」や「適性診断」などの転職活動のサポートになるサービス。転職活動に慣れていない方は、履歴書や職務経歴書の上手な書き方のコツをアドバイスしてもらえるので、とても心強いです。さらに、自分がどのような仕事が向いているのかわからない、自分の強みや弱みを知りたいという方には、「適性診断」はぜひ試していただきたいサービス。客観的に自己分析ができるので、転職活動に自信を持つきっかけになります。

下記は、マイナビ転職のサービス・機能に関する口コミです。

30代女性・営業事務

自己分析ツールが充実していて実用性のあるサイト。

20代男性・営業職

希望業種やWEB履歴を登録するだけで、合う求人を紹介してくれる機能が助かっていた。

20代女性・法律業界

スカウトメールはいくつか来ましたが、希望している業界ではなかった。

マイナビ転職のスカウトに関する口コミは多数あり、そのことからもスカウトサービスの利用者が多いことがわかります。口コミの内容は、高評価な意見と、ネガティブな意見とが入り混じっていました。高評価な意見は、「スカウトメールが多数来るので、転職に対して希望が湧いてきた」「希望する職種を含め、違う職種のスカウトも来るので、自分の可能性について改めて考えるきっかけになり視野が広がった」など。ネガティブな意見は、「希望する職種以外のスカウトメールが多かった」というような内容が中心です。

また、転職活動をサポートするサービスについての口コミも多数あります。中でも、「転職MYコーチ」と「適性診断」はすごく役立ったという口コミは多いです。転職活動に慣れていない方は、活用するべきサービスだといっても過言ではありません。

サイトが使いやすい、機能が充実しているという意見も多数あります。他社と比べて検索がしやすいという声もあり、機能面に関しても高評価な意見が圧倒的に多い印象です。

マイナビ転職の信頼感・安心感に関する評価と口コミ

信頼感・安心感を裏付ける根拠 解説
株式会社マイナビが運営元である 資本金21億210万円の大手企業がマイナビ転職を運営
株式会社マイナビの歴史と知名度 昭和48年に設立し、現在ではトップクラスの利用者や知名度を誇っているので圧倒的な信頼感・安心感がある
日本全国各地に会社がある 北海道から沖縄まで、関連企業の営業所が全国各地にある
常時、約8,000件以上の転職・求人情報が掲載されている 信頼が高いサイトだからこそ、求人を掲載する企業が多い
他にも転職に関する関連サイトが多数ある エージェントなど、他のサイトと併用しながら利用できるので、より転職活動が有利になる
プロのキャリアアドバイザーチームがアドバイス CDAというキャリアデベロップメントアドバイザーや、キャリアコンサルタントなどの資格を持つプロのキャリアアドバイザーチームが転職ノウハウをアドバイス
スカウトを利用する企業は、年間約17,000社 大手企業や優良企業も利用しており、転職の可能性が広がる
WEB履歴書は匿名で公開 氏名や生年月日などの個人情報が伏せられた状態でWEB履歴書が企業に公開されるので、個人情報の心配がない(特定の企業に対してWEB履歴書を非公開にもできる)

まず、マイナビ転職の運営元である株式会社マイナビが大手であるということが一番の信頼・安心要素だといえるでしょう。資本金21億210万円で日本全国各地に営業所を持つ大手企業であり、昭和48年設立の老舗です。これ以上の信頼・安心要素はありません。

マイナビ転職のサイト自体の信頼度・安心度も高いです。求人件数の多さからも企業からの信頼度の高さがわかります。サイトに対する信頼がないと、企業はお金を出して掲載を依頼することはないです。マイナビ転職では、常時8,000件以上の求人件数が公開されており、新着求人も1,000件~2,000件くらいが週に2回定期的に更新されています。スカウトを利用する企業も年間約17,000社なので多いです。

安心感という面では、プロのキャリアアドバイザーチームがアドバイスしてくれるという点が大きなポイント。履歴書や職務経歴書の書き方、面接のアドバイスなど、転職に役立つようなサポートが充実しているので、転職初心者の方は特に安心して利用できるサイトだといえるでしょう。また、WEB履歴書は匿名で公開など、個人情報にもしっかりと配慮しているので、安心してマイナビ転職の機能を利用できます。

下記は、マイナビ転職の信頼感・安心感に関する口コミです。

30代女性・アパレル業界

求人件数が多く有名なサイトなので、とりあえずチェックしてみようと思った。

30代女性・職種不明

面接コーチを無料でしてもらえるので、迷わず登録した。

30代女性・事務職

担当者に女性を希望したら、そうしてくれたので安心して利用できた。

マイナビ転職が信頼感・安心感があるサイトだといえるポイントは、「求人件数が多く有名なサイト」だということと、「プロのキャリアアドバイザーチームがアドバイスをしてくれる」ということ。これらに魅力を感じ、マイナビ転職に会員登録をする方が多いようです。

信頼感・安心感がないと、会員登録をしようとは思いません。このサイトは「信頼できる」「安心できる」とわかりやすく判断できるポイントが、求人件数の多さではないでしょうか。求人件数が多いほど、多くの企業がマイナビ転職を信頼している証だといえるからです。

また、女性の場合、アドバイスをもらえる担当の方にもこだわり、女性に担当してもらいたいと希望する方もいます。そのような希望を伝えると、女性の方に担当してもらえたという口コミもありましたが、安心できる方に担当してもらえるというのは重要なポイント。心から信頼し転職のサポートを任せることができます

マイナビ転職の知名度の高さに関する評価と口コミ

マイナビ転職の知名度は、比較的高いといえます。その理由の1つは、CMや広告で見かけたことがある方が多いからではないでしょうか。

2018年のマイナビ転職のイメージキャラクターを務めているのは、宮崎あおいさんです。過去には前田敦子さん、石原さとみさんなどがイメージキャラクターを務めていました。20代~30代に人気がある方がイメージキャラクターに選ばれている印象があります。テレビCMだけでなく、インターネット広告や電車の広告でよく見かけるという方も多いので、転職活動をしている方であればもちろん知っていますし、転職活動をしていない方でも知っているくらいの知名度がありそうです。

また、マイナビ転職では、定期的に転職イベント・フェア等を全国各地で行っていますが、ハローワークでマイナビ転職のイベントを紹介されることもあります。マイナビ転職などの転職サイトを利用せず、ハローワークのみ活用していた方でも、そこからマイナビ転職の関連イベントを紹介されたということもあるので、さまざまなルートからマイナビ転職の知名度が広がっているようです。

下記は、マイナビ転職の知名度の高さに関する口コミです。

20代男性・IT関係

マイナビを利用することに決めたきっかけは、電車内やネットで広告をよく見かけたから。

30代女性・販売業

CMで見て知っていたので会員登録をした。

30代女性・職業不明

学生の頃から知っていたので、迷わず登録した。

口コミからもわかるように、CMや広告の影響は大きいようです。過去も含め、人気の女優がイメージキャラクターを務めていることも知名度の高さに貢献しています。テレビCMだけでなく、インターネットの広告を見てマイナビ転職が気になって登録したという方も多いです。

また、運営元の株式会社が老舗の大手だということもあり、業界ではトップクラスの知名度を誇ります。そのため、数年前の学生の頃にマイナビ転職を利用しており、リピートで最近また利用し始めたという方もいるようです。長年にわたって業界トップクラスをキープしているだけでなく、求人件数や会員数は年々増えています

また、数年前にはなかった機能(WEB履歴書登録など)が追加されていて、サイトが進化していて驚いたという口コミもありました。より便利で使いやすく、サイトも進化しており、利用者を増やしているのです。

マイナビ転職のブランドイメージに関する評価と口コミ

転職サイトはたくさんあります。たくさんありすぎて差別化を図るのは難しそうですが、その中でもマイナビ転職は大手だという印象が強く、リクナビNEXTなどと並ぶ「業界大手」というイメージが強いです。そのため、転職活動をする多くの方が、とりあえずマイナビ転職に登録しておこうという気持ちを抱きます。

大手だからといって、必ずしもすべての方がマイナビ転職に良い印象を持っているとは限りません。人それぞれいろいろな考え方があるので、例え利用者が多く評判が良い転職サイトであったとしても、中には違う意見があるのは当然のことです。

ではマイナビ転職のブランドイメージはどのような意見があるのでしょうか。良い意見もそうではない意見も、さまざまな意見を知ることで自分に合う転職サイトなのかを判断できます

下記は、マイナビ転職のブランドイメージに関する口コミです。

20代女性・接客業

さすが大手というだけあり、求人件数が多い。

40代男性・職種不明

20代~30代向けの転職サイトというイメージ。

40代男性・法律関係

ハイキャリア向けの求人が少ない。

年齢層でいうと、20代~30代の男女の利用者はマイナビ転職のイメージが良く好意的な意見が多いです。特に、求人件数の多さ、スカウトメールや新着求人のお知らせの多さに満足している意見が多く見受けられます。

多数ある転職サイトの中でどこを利用しようか迷ったときには、大手サイトであれば信頼・安心できるという気持ちがあるので、知名度の高い大手転職サイトのマイナビ転職を利用するという方も多いのでしょう。若い世代の方は特に、そのような理由でマイナビ転職に会員登録をしたという方が多いです。

一方で、40代以降の男性はハイキャリア志向の方が多く、マイナビ転職には40代以降のハイキャリア向けの求人が少ないと不満を抱く意見もあります。もともと20代~30代向けというイメージが強い転職サイトなので、それを理解した上で、それでも大手なので登録してスカウトのオファーを待ちたいと利用する40代以降の方もいます

確かに、マイナビ転職は大手企業の求人もたくさんありますが、他社と比べると中小企業やベンチャー企業の求人が多いです。しかし、それらの企業に採用されたら、企業と一緒に成長できるというメリットもあります。中小企業やベンチャー企業も優良企業が多いので、マイナビ転職の求人の質は高いほうだといえるでしょう

マイナビ転職の地方の求人に関する評価と口コミ

マイナビ転職は、北海道から沖縄まで、日本全国各地に対応しています。求人情報を検索する際には、職種で検索するだけでなく、勤務地を絞って検索することもできて便利です。

しかし、どうしても都心の求人のほうが多いというのは事実。それはどの転職サイトを利用しても同じことがいえます。その中で、多少なりとも地方の求人もあるのかどうかがポイント。地方に住む多くの方が、地元に求人がないためにあきらめて都心に出て働いています。では、マイナビ転職の地方の求人の充実度はどうなのでしょうか。口コミ等をチェックすると、意見は分かれます。

下記は、マイナビ転職の地方の求人に関する口コミです。

20代女性・職種不明

他社では見つからなかったのですが、マイナビ転職は地方の求人が充実していた。

20代女性・職種不明

知名度があるので期待したが、地元で希望する求人がなかった。

30代男性・職種不明

気になる企業のスカウトをもらっても、都市部だったので応募できなかった。

「地方の求人が充実していた。」という意見もあれば「地元で希望する求人がなかった。」という真逆の意見もあります。地方の求人件数はどうしても限られてくるので、運よく住んでいる地域で希望する求人企業があればよいのですが、そうはいかないこともあるので、どうしても地方の求人に関しての意見は分かれてしまうのです。

マイナビ転職の関連サイトには、「JIMOQ」という地元向けの求人情報がチェックできるサイトがあります。地元エリアを選び、地元の都道府県を選び、その中から希望に合った求人を探すというステップを踏むだけで、地元の求人を簡単に検索できるサイトです。

「JIMOQ」は、地域に根ざして発展を続ける地元企業の求人や、マイナビ転職のネットワークを生かした各エリアの独自の求人など、多数の求人情報を掲載。地元の求人にこだわっている方はチェックしてみてはいかがでしょうか。

マイナビ転職の登録方法

登録時間 5分以内

まず会員登録の方法は、「通常登録」と「外部アカウント連携登録」の2種類のやり方があります。どちらの方法で登録するかでも登録時間に差が出ますが、どちらにしても5分はかからないくらいで登録できることが多いでしょう。早ければ2分くらいで登録可能です。

「通常登録」は、マイナビ転職のサイトから、会員IDやパスワードなどのアカウントを作成して会員登録をする方法。「外部アカウント連携登録」は、すでに持っているFacebookアカウントやYahoo! JAPAN IDでログインをし、マイナビ転職と連携して会員登録をする方法です。外部アカウントから、氏名やメードアドレスなどの登録情報を流用できます。

また、マイナビ転職では学歴不問の求人も多数掲載されているので、高卒の方でも登録可能。下記の登録方法を確認しながら、マイナビ転職に登録して転職活動を有利に進めていきましょう。

登録方法は初心者向けに細かく順を追って説明しています。下記の順に進んでいけば、簡単に登録することが可能です。STEPが多く複雑に感じる方もいるかもしれませんが、不明な点がないように細かくSTEPを分けているだけで、実際に登録をしてみるととても簡単ですので安心してください。

STEP1 マイナビ転職のホームページを開く

まずはマイナビ転職のホームページを開きましょう。「マイナビ転職」と検索すると「転職はマイナビ転職-豊富な転職情報で支援する転職サイト」というページがヒットするので、そのページをクリックして開いてみてください。開いてすぐのトップページ上部に「簡単1分!会員登録(無料)」という項目があるので、そこをクリックします。

STEP2 新規会員登録画面にアクセス

「簡単1分!会員登録(無料)」という項目をクリックして出てきたページが、新規会員登録画面です。ページを開いてすぐの上部に、「マイナビ転職会員の6つのメリット」という無料で利用できる会員限定サービスは何か書いてあるので、それらのメリットについて確認しましょう。(メリットの詳細について確認したい場合は、トップ画面に一旦戻ってから、「転職ノウハウ」や「メニュー」ボタンから確認することになります。)

STEP3 情報入力前に会員規約を先に読んでおくとよい

通常の流れであれば会員登録のための個人情報などの入力を進めていくのですが、その前に入力する項目の下にある「マイナビ転職 会員規約」及び「マイナビ転職エージェントサーチ 会員規約」を先に読んでおくことをおすすめします。会員規約を読み、個人情報の取扱いに同意したうえで会員登録をする必要があるからです。

会員規約は入力画面を進んでいったその下にあるので、入力した後に読む方が多いのですが、入力前に読んでおいたほうがよりスムーズに進みます。万が一会員規約に納得できないことがあり会員登録することを辞めたくなった場合、先に入力しているとその作業が無駄になってしまうので、できれば先に会員規約を読み、納得した上で入力したほうがよいです。

STEP4 情報を入力する

会員規約を読み同意できたら、登録のための入力作業に進みます。ここでポイントになるのが、「通常登録」と「外部アカウント連携登録」のどちらで登録するかを選択するか。ページを開いてすぐの上部に「マイナビ転職会員の6つのメリット」の記載があり、そのすぐ下に「お手持ちのアカウントで簡単登録」という項目があります。

外部アカウントで登録する場合は、「お手持ちのアカウントで簡単登録」で「Facebookで登録する」または「Yahoo! JAPANで登録する」のいずれかのボタンを押すことになるので、詳細は下記で確認してください。

「外部アカウント連携登録」を選んだ場合

外部アカウントで連携して登録をすれば、氏名やメードアドレスなどの登録情報を流用できるので、個人情報を入力する手間を省くことが可能です。外部アカウントで登録する場合は「Facebook」と「Yahoo! JAPAN」のいずれかの情報を流用し、登録することができます。

「外部アカウント連携登録」の場合、画面上部に選択する項目があるので、「Facebook」と「Yahoo! JAPAN」のどちらで登録するかを選びましょう。登録ボタンを押したら、当該サービスにログインをして、マイナビ転職に流用することになる情報についての確認をします。問題がなければ、「登録完了する」というボタンを押して登録完了です。

「通常登録」を選んだ場合

「通常登録」の場合は、入力画面にある必須の項目をすべて入力していきます。必須項目は、氏名、生年月日、会員ID(メールアドレス)、希望のパスワードです。

1番下に姉妹サイトについてチェックする項目がありますが、こちらは「必須」マークがないものの、重要なポイント。マイナビ転職エージェントサーチに同時会員登録で、マイナビ転職の登録情報や更新情報がマイナビ転職エージェントサーチ上にも反映されるからです。こちらも検討してチェックするかしないかを考えましょう。

姉妹サイトのチェック項目について

姉妹サイトについては、「転職エージェントサーチに同時会員登録し非公開求人をチェックする」「スカウトサービスを利用する」「メールマガジンを受け取る」の3つの項目があり、デフォルトですべてチェックが入っている状態になっています。転職活動を有利に進めていきたいなら、チェックしたままの状態がおすすめですが、不要なものがあればチェックを外してもよいです。

特に、非公開求人とスカウトサービスは、必要不可欠といってもよいものなので、チェックしたままがおすすめです。メールマガジンも、新着求人情報や希望に合う求人企業の情報を送ってくれるので、できればチェックしたままがよいのです。しばらくメールマガジンを受け取ってみて、やはり不要だと思ったら、後で配信停止にすることもできます。(配信停止は、ログイン後に画面右上部にある「メニュー」ボタンをクリックし、「各種設定の変更」の「メール受信設定」で、配信を停止したいメールマガジンを「OFF」にすることで配信停止の設定が終了です。)

STEP5 入力画面を確認して会員登録ボタンを押す(仮登録)

入力が終了したら、間違えて入力している項目がないかをよくチェックしましょう。特にメールアドレスが間違っていると、メールマガジン等が受け取れなくなるのでよく確認してください。入力に間違いがなく、会員規約にも同意したら、下部にある「同意して会員登録」のボタンを押します。スマートフォンで入力作業をしていた場合は、「同意してメールアドレスの確認に進む」というボタンを押しましょう。この時点ではまだ仮登録です。登録したメールアドレスにて本登録完了となります

STEP6 フォームに入力したメールアドレスにて会員登録(本登録)が完了

「同意して会員登録」ボタンを押しただけの時点では仮登録の状態なので、まだ登録は完了していません。本登録を完了させるには、フォームに入力したメールアドレスで手続きを行います。メールアドレス宛に「会員登録手続きを完了してください」というメールが届くので、メールに記載された「会員登録手続きを完了する」という認証URLを押したら、会員登録が完了です。

フォームに入力したメールアドレス(外部アカウントで登録した場合も同様)は、手続き用のメールやサービスに関する各種メールが送られてくるので、「@mynavi.jp」及び「@tmn.mynavi.jp」からのメール受信許可とURL付きメール受信許可の設定をしておきましょう

STEP7 WEB履歴書の作成

会員登録の作業が完了したら、WEB履歴書の作成も続けて行います。WEB履歴書は、スカウトサービスなどマイナビ転職のさまざまなサービスの利用に必ず必要ですので、会員登録後すぐに作成しましょう。

登録したメールのURLをクリックすると、WEB履歴書登録の画面が表示されます。自己PRにつながることなので、WEB履歴書は必須事項を入力するだけでなく、なるべく具体的に記入したほうがよいです。入力が終了したら、「登録内容を保存する」というボタンを押します。「必要な項目の登録が完了しました」と表示されたら完了です。

STEP8 登録画面終了後の設定について

WEB履歴書の登録が終了し、「必要な項目の登録が完了しました」という表示画面になったら、その下に「スカウト」「新着求人マッチメール」「転職MYコーチ(履歴書添削)」という項目が表示されます。これらに関する設定および設定などをしたい場合は、続けてその作業に進みましょう。

この中ですぐに設定をしたほうがよいのは「スカウト」に関する項目です。現在勤務中の方は、勤務先の会社に転職サイトに登録していることがバレたら気まずいので、特定の企業に対して登録していることを非公開にできる設定があります。

特定の企業に対し転職サイトに登録していることがバレたくない場合

現在勤めている会社、過去の勤めていた会社、取引先などに、転職サイトに登録していることがバレたら気まずいものです。マイナビ転職に登録していることをバレないようにするためには、登録画面終了後に表示される「スカウト」の項目の「ブロック設定をする」というボタンを押して、特定の企業を「非公開企業に設定」することができます

非公開企業設定の追加について

ログイン後、「各種設定の変更」を押し、「非公開企業設定」の項目で非公開にしたい企業のキーワードを入力。希望するキーワードをすべて入力したら、「登録内容を変更する」を押して設定完了です。

マイナビ転職の退会方法

転職先が決まったなど、事情がありマイナビ転職を退会したい場合は、退会の手続きをします。スカウトサービスやメールマガジン等のサービスを設定している方は、退会しないとまだ求人者とみなされ、スカウトのオファーやメールマガジンがずっと届いてしまうので、なるべく早く退会の手続きをしましょう。

マイナビ転職の退会方法も、下記にて順を追って説明していきます。不明な点がないように、公式サイトに記載されている退会方法よりも細かく説明していくので、参考にしながら手続きを進めていってください。

また、入会前に退会方法も確認しておき、自分で簡単に手続き可能かどうかを確認しておくことも大切です。マイナビ転職の退会方法はそれほど複雑ではないので安心ですが、他の転職サイトで退会の手続きが思った以上に複雑で大変だったという意見もあります。入会後に退会することが大変だったと気づいても遅いので、退会方法についても事前に確認しておいたほうがよいです。

STEP1 ログイン

トップページの画面右上部にある「ログイン」ボタンを押したら、会員IDとパスワードを入力する画面が表示されるので、会員IDとパスワードを入力してログインします。

STEP2 「各種設定の変更」をクリック

ログイン後、トップページの画面右上部にある「メニュー」ボタンを押し、「各種設定の変更」をクリック。スマートフォンで手続きをする場合、マイページ内の最下部に「各種設定の変更」があります。

STEP3「退会の手続き」をクリック

「各種設定の変更」のページが表示されたら、画面左下にある「退会の手続き」のボタンをクリックします。「退会の手続き」をクリックしたら、「退会の前にご確認ください」と表示されたウィンドウが開き、「WEB履歴書などのデータを保存したままメールやスカウト通知を停止できます」という案内されますが、問題なければ右上の×を押してウィンドウを閉じればよいです。

STEP4 アンケートに任意回答してから「退会する」をクリック

「退会手続き」のページを開いたら、「マイナビ転職からの退会手続きをします。」「よろしければ、アンケートにご回答ください。」という案内が表示されており、任意でアンケートに回答する画面が表示されています。アンケートは任意なので回答しなくてもよいのですが、退会の理由やマイナビ転職に対する意見を回答したい方は入力しましょう。アンケートに任意回答したら、下部にある「退会する」をクリックします。

STEP5 確認ダイアログでOKを押して退会手続き完了

「退会する」をクリックしたら、「マイナビ転職から退会してもよろしいですか?」という確認ダイアログが表示されるので、問題なければOKを押して退会手続き完了です。

退会の注意点

  • 退会の取り消しはできない。(応募して選考中の企業がないかなど、退会する前によく確認してから退会手続きを完了することが大切です。)
  • 退会前の登録情報は再利用できない。(WEB履歴書のデータも失われます。)
  • 退会後に応募データの破棄を希望する場合は、マイナビ転職ではなくそのデータを保有している企業に問い合わせる。(退会後はマイページのメッセージ機能が使えなくなるため、メッセージ機能を利用してデータ削除を依頼したい場合は、退会前に行う必要がある。)
  • マイナビ転職エージェントサーチからの会員登録をしている方で退会を希望する場合、別途マイナビ転職エージェントサーチからの手続きが必要になる。
  • 退会の処理は数日間かかるので、その間メールマガジンが配信されることがある。

退会後でも1週間以上メールマガジンが停止されなかった場合

退会の処理には数日間かかりますが、1週間以上メールマガジンが届くという状況はありません。万が一1週間以上経ってもメールマガジンが停止されない場合は、マイナビ転職にその旨を伝えて停止の依頼をすることが必要です。

手元に届いているメールマガジンをマイナビ転職サポートデスク「mt.user@mynavi.jp」に転送します。転送する際には、件名に「退会後メールマガジンが届く」と記入してください。

また、配信情報を確認する必要があるので、本文を削除せずにそのまま送付しましょう。配信元が「mt.user@tmn.mynavi.jp」のメールマガジンの場合、転送先を「mt.user@mynavi.jp」に変更してから送付する必要があります。

マイナビ転職に関するよくある質問と回答

マイナビ転職の会員限定サービスとは?

会員専用の機能には、「応募・メッセージ管理」「WEB履歴書登録」「MY検索条件」「気になる」があります。また、会員限定のサービスには、「スカウトサービス」「メールマガジン」「転職MYコーチ」「適性診断」「掲載予定求人観覧」があり、これらは無料で利用可能です。内容の詳細については、上記の「マイナビ転職のサービスや機能の多さに関する評価と口コミ」の欄に記載しています。

マイナビ転職の特徴と強みは?

常時8,000件以上の求人件数がある大手転職サイトで、掲載されている求人企業は大手企業から中小企業・ベンチャー企業まで幅広いです。その中では20代~30代向けの企業の求人は特に多い傾向があります

また、専用サイトを併設していることはマイナビ転職ならではの強みといえるでしょう。例えば、「グローバル」「エンジニア求人サーチ(IT)」「エンジニア求人サーチ(ものづくり)」「女性のおしごと」の専用サイトを併設。それぞれに特化した専用サイトなので、専門分野の求人を探している方は、それらを利用することで採用の成功率がアップします。

  • 「グローバル」:海外勤務、外資系企業、語学力を生かした仕事を求める方、またはエージェントに相談したい方におすすめ
  • 「エンジニア求人サーチ(IT)」:ITエンジニアの仕事に直接応募したい方、またはエージェントに相談したい方におすすめ
  • 「エンジニア求人サーチ(ものづくり)」:さまざまな職種のものづくりエンジニアの仕事に直接応募したい方、またはエージェントに相談したい方におすすめ
  • 「女性のおしごと」:女性向けの求人情報や転職に役立つ情報をチェックしたい方におすすめ

登録会員の年齢層は?

20代~30代前半が最も多く、40代以降の利用者もいます。下記は具体的な割合のデータ(2018年4月時点)です。

  • 20歳以下:1.0%
  • 21~25歳:11.9%
  • 26~30歳:21.6%
  • 31~35歳:20.9%
  • 36~40歳:16.7%
  • 41~45歳:12.1%
  • 46~50歳:7.8%
  • 51~55歳:4.3%
  • 56歳以上:3.7%

学歴は関係ある?

結論からいうと、高卒でも登録可能ですし、学歴不問の求人情報の掲載も多数あります。実際、会員登録者は大卒者の割合が約60%くらいです。40%は専門学校卒や高卒者やその他の方です。

学歴にコンプレックスがあり、履歴書をどう書いたらよいのかわからないのであれば、マイナビ転職のサイト内にある「転職ノウハウ」で「履歴書の書き方完全マニュアル版」というものがあるので参考にしましょう。学歴や職歴や志望動機の書き方など、採用担当者が見ているポイントを抑えた履歴書の書き方や書き方のコツ・心構えが記載されているので参考になります。

マイナビ転職エージェントサーチは同時登録したほうがよい?

転職を有利に進めていく上では、同時登録をすることをおすすめします。マイナビ転職エージェントサーチは、500名以上の転職エージェントを通じて求人企業を紹介してくれるポータルサイトです。

同時登録することで、マイナビ転職で登録した会員情報やWEB履歴書が自動的にマイナビ転職エージェントサーチに反映されます。また、マイナビ転職エージェントサーチに同時登録すると、退会時にはマイナビ転職での退会手続きだけでなく、マイナビ転職エージェントサーチでも退会手続きをしなければいけません。下記はマイナビ転職エージェントサーチの特徴です。特徴をチェックして検討しましょう。

  • 転職エージェントが保有する非公開求人の中から「ミドルクラス」「ハイクラス」「高年収案件」など、自分のキャリアやスキルや希望に合う求人を探すことができる。
  • 実績や得意分野などから、自分に合う転職エージェントや人材紹介会社を探すことができる。
  • 転職エージェントから求人の提案やスカウトメールが届く。

マイナビ転職に掲載されている求人企業はどんな職種が多い?

マイナビ転職では幅広い企業が求人を載せています。しかし、掲載が多い職種と少ない職種とがあるのは事実です。掲載が多い職種は、「営業」「管理・事務」「技能・設備・配送・農林水産 他」「建築・土木」「販売・フード・アミューズメント」など。掲載が少ない職種は、「公共サービス」「医薬・食品・科学・素材」「医療・福祉」「保険・教育・通訳」「WEB・インターネット・ゲーム」など。下記は、掲載が多い職種を順番に割合のデータ(2018年4月時点)と共に記載しています。

1.営業 22.9%
2.管理・事務 16.5%
3.技能・設備・配送・農林水産 他 14.6%
4.建築・土木 8.1%
5.販売・フード・アミューズメント 6.2%
6.ITエンジニア 5.6%
7.電気・電子・機械・半導体 5.4%
8.美容・ブライダル・ホテル・交通 3.4%
9.保育・教育・通訳 3.1%
10.WEB・インターネット・ゲーム 2.5%
11.企画・経営 2.3%
12.医療・福祉 2.0%
13.コンサルタント・金融・不動産専門職 1.6%
14.医薬・食品・科学・素材 1.2%
15.公共サービス 0.6%

マイナビ転職のスカウトサービスとは?

会員登録をすると無料でスカウトサービスを受けることができます。スカウトサービスとは、WEB履歴書が匿名で公開されることで、求人企業から直接応募のオファーが届くサービスのことです。マイナビ転職のスカウトには下記の種類があります。

  • プレミアムスカウト及びスカウト:WEB履歴書を見た採用担当者から直接応募のオファーが届き、さらに特別なプレミアム特典及びスカウト特典がある。
  • マッチングメール:WEB履歴書に採用担当者が興味を持ち、さらに求人企業が求めている要件にマッチした場合に送られるメールのこと。
  • 求人の案内:登録した情報と求人企業が求めている要件にマッチした場合に贈られるメールのこと
  • スカウト限定求人:受け取った方のみ閲覧や応募ができる非公開の求人のこと。

マイナビ転職のスカウトの評判は?

マイナビ転職に登録する方は、スカウトが目的だという方が多いです。大手の転職企業で求人件数も多く、スカウトのオファーを受けられるだけでなく、限定求人・非公開の求人を見ることができるのは大きなメリット。スカウトによって希望の企業が見つかり、そして入社することができたというケースもあります。

マイナビ転職のスカウトサービスは基本的には評判が良いです。しかし、経験やスキルによってはスカウトのオファーがたくさん届いたり、登録した希望条件とは関係のない企業からのスカウトがくるという意見や希望する勤務地ではない企業からのスカウトがくるという意見もあったりして、すべてに目を通すのは面倒だと感じる方もいます

一部ではそのような意見もありますが、一方でスカウトのメールが届くことで、「視野が広がった」「自分の可能性を試したくなった」など、気持ちが前向きになった方のほうが圧倒的に多いです。どちらにしても、スカウトサービスを利用することは転職活動が有利になるので、まだ登録していない方は試してみましょう。

会員登録をして転職活動を有利に進めよう

会員登録をすることで、スカウトサービスを始め、さまざまな無料サービスを受けることができます。また、マイナビ転職は転職支援にも力を入れているので、「転職ノウハウ」や「転職イベント」などを利用するのもおすすめです。

会員登録の際には、「マイナビ転職エージェントサーチ」に同時登録をすると、エージェントサービスが利用できるので、転職活動がよりスムーズに進みます。マイナビ転職エージェントサーチでも、会員登録でエージェントから紹介された企業やスカウトのオファーを受けることが可能です。

マイナビ転職は信頼度の高い大手転職サイトなので、「とりあえず会員登録をしてスカウトを待ってみる」という軽い気持ちで会員登録をするのもよいのではないでしょうか。退会の手続きもそれほど難しいものではないので、登録してみて自分に合わないと思ったら、退会をすることも可能です。

転職活動をするなら、マイナビ転職に会員登録するメリットはたくさんあります。会員登録をして、転職活動を有利に進めていきましょう。