マスメディアンとは?

マスメディアンという転職支援サービスをご存知でしょうか?広告関連業界に携わっている方なら、名前を聞いたことがある方も多いのではないでしょうか。ただ、転職経験がないと、意外と具体的なサービス詳細や具体的な実績は知らない方も多いかと思います。この記事では、マスメディアンの特徴と、利用者からの口コミをもとにした評価をご紹介します。マスメディアンはかなり特徴的なサービスなので、自分に合うエージェントサービスかどうかを利用前にしっかり確認しましょう。

広告・Web・マスコミ転職の実績はピカイチ!業界特化型転職転職サイト

マスメディアンとは、広告・Web・マスコミ職種に特化した求人情報掲載、転職支援サービスです。実績は広告業界特化型エージェントの中ではトップクラスであり、4万人を超える転職支援実績を持っています。

マスメディアンは、以下の6つの強みを掲げています。

1 宣伝会議グループ

2 広告・ Web・マスコミ職種専門

3 4万人超の転職支援実績

4 専門分野で圧倒的な求人数

5 転職活動の手間暇を削減(スケジュール管理などの代行)

6 完全無料・秘密厳守

広告・Web・マスコミの分野において圧倒的な強みを持ち、信頼性・支援実績・ネットワークなど、マスメディアンには他の転職サイトにはない特徴が多くあります。特に、宣伝会議グループに所属していることから、広告業界における企業とのネットワークやノウハウはピカイチと言えるでしょう。

広告・Web・マスコミ転職希望者は必見。宣伝会議グループ所属の実績多数の転職サービス
広告・Web・マスコミ職種特化型の求人情報・転職支援サービスのマスメディアン。確かなネットワークと実績を持ち、専門分野での求人数も多い。

マスメディアンの運営会社概要

項目 詳細
会社名 株式会社マスメディアン
サービス名 マスメディアン
代表取締役社長 東 彦弥
資本金 5,000万円
従業員数 59名
営業時間 10:00~19:00(年末年始、土・日曜日、祝日、当社休業日を除く)
電話番号 03-5414-3010(代表)
ホームページ https://www.massmedian.co.jp/
問い合わせ先 webmaster@massmedian.co.jp
アクセス 表参道駅・A4出口徒歩5分
本社 東京都港区南青山3-11-13 新青山東急ビル9階
上場・非上場 非上場
拠点 東京、大阪、愛知、福岡、石川

転職支援サービス「マスメディアン」の運営会社は株式会社マスメディアンです。この企業は、広告業界の出版・教育事業で有名な株式会社宣伝会議のグループ会社です。「マスメディアン」という言葉を聞いたことはなくても、広告関係に携わる方なら宣伝会議の名前は聞いたことがある方が多いのではないでしょうか。株式会社マスメディアンは宣伝会議グループの人材紹介会社という立ち位置で、2001年に設立しました。宣伝会議グループの企業とのネットワークや情報量、人材ノウハウを活かした人材紹介力が有名です。株式会社マスメディアンは、キャリア転職支援のマスメディアンの他にも、新卒学生向け就職支援サイトであるマスナビや、家庭と仕事を両立したい女性向けサイトのしゅふクリ・ママクリといった、クリエイターの就職・転職に関連する様々なサポートを行っています。

口コミを調査したマスメディアンの総合評価

転職サイトや就職支援サービスサイトは数多く存在するため、いきなり自分にマッチしたサービスを選ぶことは困難です。特に、マスメディアンのような業界・職種特化型サイトは総合転職サイトより特徴的であるため、まずはどんな特徴があるサービスなのか、どのような評価なのかを知ってから利用したいところです。

編集部では、マスメディアン利用者からの口コミを調査し、合計12項目で評価しました。なお、この評価項目は、大手転職サイト@typeが実施した「転職サイトを利用する場合、どのような点を利用しますか?」というアンケート調査で使用された項目を参考にしています。ちなみに調査結果によると、転職サイト利用者が特に重視する点は下記の3点のようです。

1位 求人件数が多い(67.3%)

2位 求人内容が詳細(50.4%)

3位 登録した後に使いやすい(39.2%)

もしも時間がない方は、まずはこれら3点の評価や口コミをチェックしてみてから、マスメディアンを利用するかを決めても良いかもしれません。

口コミからわかるマスメディアンの総合評価

カテゴリ 項目 評価 解説
求人 求人件数の多さ ★★★★☆
  • 総合エージェントと比較すると求人数は劣る。
  • 広告業界エージェント内ではトップクラス。
求人情報の詳細さ ★★★☆☆
  • 他社よりも公開情報は少ない。最低限の情報のみ。
  • 企業・応募者ともに、マッチングする場合にのみ情報を公開するポリシー。
大手求人の多さ ★★★★☆
  • 広告・Web・マスコミの大手求人が揃っている。
  • インハウス(広告・広報・マーケ)の大手求人も増えてきている。
業界・職種に特化した求人の多さ ★★★★★
  • 広告・Web・マスコミに関連する多様な職種の求人に特化している。
  • インハウスの職種も増えてきている。
他社にはない求人の取り扱いの多さ ★★★★☆
  • 総合エージェントにはない、業界ならではの求人が多数。
  • 他の広告業界転職エージェントにもない特命求人も多数。
求人の更新頻度の多さ ★★★★☆
  • 更新頻度は随時。(週に2回ほど)
  • 新たにマッチングする求人があれば、先に直接応募者に連絡される場合も。
機能・サポート 登録後の使いやすさ ★★★★☆
  • キャリアシートの入力ページが工夫されていて使いやすい。
  • 登録前も、質問スペースがあるため疑問をすぐ解消しやすい。
サービスや機能の多さ ★★★★☆
  • 転職成功ガイドはクリエイター向けの内容で専門的。
  • 宣伝会議の雑誌やWebメディアの業界ニュースもチェックできる。
サポートの充実レベル ★★★★☆
  • 応募〜入社後まで一貫したサポートが受けられる。
  • 業界に精通したサポートを受けられるが、少しサポート量は薄め。
ブランド・信頼度 サイトの信頼感・安心感 ★★★★★
  • 知名度の高い宣伝会議のグループ企業。
  • 企業・応募者双方の守秘義務を徹底している。
知名度の高さ ★★★★★
  • 広告業界の転職エージェント=マスメディアンとして有名
  • 宣伝会議の知名度も高い。
ブランドイメージ ★★★★★
  • 宣伝会議グループとして、企業とのコネクションが強いイメージ
  • 広告・Web・マスコミ系の転職実績が豊富

マスメディアンは、ブランド・信頼度の3項目が全て突出して高評価となっているのが大きな特徴です。宣伝会議グループであることによる知名度の高さや、宣伝会議で培った多数の企業とのネットワークや信頼感は、同業他社サービスとは比になりません。信頼度やブランドを一番の長所として掲げる場合、どうしてもサービス内容を心配してしまいますが、マスメディアンは求人の質や提案力もピカイチです。転職実績は4万人以上であり、長年の人材ノウハウを活かして、的確なアドバイスとマッチングで応募者をサポートします。

一方、求人数や求人情報量は他社と比べると少し劣ります。全業界・全職種を取り扱う総合エージェントとは違い、マスメディアンは業界・職種特化型のため、求人の母数はどうしても減ってしまいます。また、求人数が少ないもう1つの理由は、マスメディアンが取り扱う広告・Web・マスコミ業界の中途人材やインハウス(広告・広報・マーケ)求人は、それらのポジションの社員がたまたま抜けて人材が必要になった場合に求人募集する場合が多いからです。

求人情報量については、マスメディアンは広告転職などの同業他社と比べても情報量が少ない傾向にあります。マスメディアンは企業・応募者からの信頼を得るため守秘義務を徹底しており、情報公開は他社よりもあえて控えめにしています。ただ、できるだけサイト上でも写真や詳しい情報を掲載してほしい方にとっては不安に思うかもしれません。

知名度・ブランド力は業界随一の特化型転職サイト!求人の質も高く信頼も高い。
広告・Web・マスコミ業界の知名度がかなり高く、宣伝会議グループであるからこその信頼感やブランド力は同業他社より抜きん出ている。長年培ってきた人材ノウハウと企業とのネットワークにより、求人の質とコンサル力は高いが、求人数と公開情報量が弱み。

口コミからわかるマスメディアンのメリット・デメリット

メリット・デメリット 解説
メリット
  • 広告・Web・マスコミ業界の質の良い求人に多く出会える
  • 広告・Web・マスコミ業界に精通した的確なアドバイス/サポートをしてもらえる
  • インハウス求人も増えてきている
デメリット
  • 時期・経験によってはマッチする求人がない
  • 特化型のため求人数が少ない
  • サポートはやや手薄

マスメディアンは特徴的なエージェントサービスであり、どのエージェントよりもマッチする方もいれば、合わない方もいます。マスメディアンを利用するにあたってのメリットとデメリットをチェックし、自分の転職スタイルに合うかを確認しておきましょう。

●メリット

1. 広告・Web・マスコミ業界の質の良い求人に多く出会える 

マスメディアンは、宣伝会議グループの転職エージェントです。宣伝会議は、広告・販促系の雑誌の出版や、コピーライター養成講座などの講座・セミナーを開催しており、広告・Web・マスコミ業界の企業とのネットワークはとても強いです。マスメディアン単体でも、2001年の設立から4万人以上の転職実績があり、企業との信頼関係はかなり強いといえるでしょう。またマスメディアンは、人事からはもちろん、経営者や部門責任者から直接依頼をされることもあり、極秘の求人案件も取り扱っています。他エージェントにはない、質の良い求人に出会い安いといえるでしょう。

2. 広告・Web・マスコミ業界に精通した的確なアドバイス/サポートをしてもらえる

業界・職種に特化した転職エージェントの特徴として、取り扱う業界・職種の人材ノウハウが構築され、他の総合型エージェントよりも業界に精通した求人提案やサポートができる、というメリットがあります。マスメディアンも例外ではなく、2001年の設立より広告・Web・マスコミ業界に特化して人材紹介を行ってきたため、マスメディアンのキャリアアドバイザーの知識量や提案力はかなり高いです。また、宣伝会議グループならではのネットワークや情報収集力は、同じ広告業界特化型エージェントといえども簡単に追いつけない、明確な強みといえるでしょう。なお、マスメディアンのキャリアアドバイザーは面接も同席するため、より実践的でリアルなアドバイスが貰えます。

3. インハウス求人も増えてきている

インハウス求人とは、メーカーやサービス会社など一般企業内で働く求人のことです。マスメディアンではインハウス求人の取り扱いも多くなってきており、求職者からのニーズも強いです。職種は主に、宣伝、広報・IR、インハウスマーケティング、販売促進、Web担当・EC担当、インハウスコピーライター、インハウスデザイナーです。特に最近では、Web系の経験やスキルを持った人材のニーズが高くなってきているようです。

●デメリット

1. 時期・経験によってはマッチする求人がない

マスメディアンは、広告系特化型エージェントの中では求人数はトップクラスとはいえ、全体の求人数は総合型エージェントと比べるとかなり劣ってしまいます。また、業界・職種柄、慢性的に大量の求人があるというわけではないため、時期によってはマッチする求人があまりない場合もあります。また、マッチングはスキルや経験に委ねられるところも大きいため、自分のスキルによってはマッチする求人がなかなか見つからない場合もありえます。

2.特化型のため求人数が少ない

1のデメリットでも書きましたが、マスメディアンの公開求人数は約2200件であり、転職エージェント全体と比較すると多い方ではないため、マスメディアンのみを転職のツールに利用するのは少し危険かもしれません。様々な業界を探したい方はもちろん、広告・Web・マスコミ業界への転職を志望する場合でも、一応他のサイトやエージェントからも情報を収集しておいた方が安心でしょう。特に、IT・Web系企業の求人は、マスメディアンでは取り扱っていない求人でも、IT特化型エージェントなどで多く取り扱っていたりするため、視野を広げて求人を探すことが大切です。

3. サポートはやや手薄

マスメディアンの連絡頻度は、他のエージェントと比較すると少し低い傾向にあります。特に、マッチする求人が無ければ連絡が少なかったり、転職活動進捗の確認などは、他のエージェントと比較すると頻度が少ない、という口コミがあります。もちろん転職エージェントも商売なので、どのエージェントでも人材紹介が成立しやすい応募者を積極的にサポートしがちですが、マスメディアンはややその傾向が強いといえるでしょう。ただ、マスメディアンのキャリアアドバイザーが冷たいというよりは、単純に求人の母数が少なくレベルの高い求人も多いため、マッチング条件が他よりも厳しいことが大きな原因なのではないでしょうか。なお、キャリア面談や求人紹介、選考時のサポートにおいては、キャリアアドバイザーは必要なアドバイスをしっかりしてくれます。

マスメディアンの長所と短所を理解し、自分に合うかを判断するべき
マスメディアンは、広告・Web・マスコミ転職エージェントとして確固たる地位を築いており、求人の質、人材ノウハウともにトップレベルです。また、インハウス求人も増加しており、クリエイターの多様なニーズを捉えようとしている。一方、時期や経験によってはマッチする求人が少なかったり、連絡が少ない場合もあるので注意が必要。

口コミからわかるマスメディアンがおすすめな人

項目 解説
推奨できる人
  • 広告・Web・マスコミ業界に転職したい人
  • 一般企業でクリエイター経験を活かしたい人
  • 経験スキルに自信があり、より良い求人を探したい人
推奨できない人
  • 様々な業界の求人をチェックしたい人
  • 職種経験が浅い人
  • 手厚いサポートが欲しい人

転職活動を進めるにおいて、自分に合うエージェントを探すことは大切です。たとえ人気ランキング1位の転職エージェントでも、自分の転職スタイルや希望職種・条件に合わない場合は利用しても効果は薄くなってしまいます。ここでは、マスメディアンの利用を推奨できる人と、推奨できない人の特徴をご紹介します。

●マスメディアンの利用を推奨できる人

1. 広告・Web・マスコミ業界に転職したい人

マスメディアンのキャッチコピーに「宣伝会議グループ 広告・Web・マスコミの求人情報・転職支援はマスメディアン」と大々的にアピールされているように、広告・Web・マスコミ業界での転職を行う方ならばマスメディアンは外せません。マスメディアンの公開求人の80%は関連業界(広告会社、制作会社、デジタル・IT、出版、新聞・放送、コンサルティング会社)の求人です。職種も営業系、企画系、ディレクター、デザイナー、エンジニア、ライターなど多様な種類があるため、ここにあげた業界や職種に転職したい方はマスメディアンへの会員登録をおすすめします。

2. 一般企業でクリエイター経験を活かしたい人

マスメディアンは、広告・Web・マスコミ以外にも、インハウス(一般企業)でクリエイター経験を活かせる求人も取り扱っています。(公開求人全体の20%)広告、販促、マーケティング、クリエイティブ関連の幅広い職種の求人案件が紹介される場合があります。元々広告会社や制作会社に所属していて、経験を活かして一般企業への転職を考えたい方にはおすすめのエージェントといえるでしょう。ただし、特にインハウス求人は、欠員補充の求人が多いため、すぐに希望の求人が見つかるとは限りません。気長に良い求人がないかを待つ必要があるでしょう。

3. 経験スキルに自信があり、より良い求人を探したい人

マスメディアンはキャリア求人が多く、未経験OKの求人よりも即戦力を求める求人が圧倒的多数です。その代わり、他の転職エージェントでは紹介されないような大手求人や極秘の特命求人、倍率が高いマスコミ業界の求人など、質の高い人気求人が揃っています。自分の経験スキルに自信があり、希望条件に明確な目標がある方は、マスメディアンを利用すると他では得られない求人との出会いがあるかもしれません。

●マスメディアンの利用を推奨できない人

1. 様々な業界の求人をチェックしたい人

マスメディアンが取り扱う業界は、広告会社、制作会社、デジタル・IT、出版、新聞・放送、コンサルティング会社が主であり、一般企業の求人も、広報や販促、マーケティング、クリエイティブなど、関連性が高い職種の求人のみになっています。ここで取り上げた業界に絞らずに求人を探したい方は、他の転職エージェントをメインで利用した方が良いかもしれません。

2. 職種経験が浅い人

マスメディアンはキャリア向けの求人が多く、特にクリエイティブ職(コピーライターやデザイナー)などの求人は取り扱っていない状態です。業界未経験者の求人は用意されていますが、基本的に関連職種の実務経験を積んでいる即戦力人材を求めています。未経験から広告・Web・マスコミ業界、特にクリエイティブ職に転職したい方は、他の総合型エージェントから求人を探した方が、マッチした求人に出会える可能性が広がるでしょう。

3. 手厚いサポートが欲しい人

マスメディアンは応募者1人1人に専属エージェントがつくわけではなく、案件ごとにエージェントが担当する形式です。また、「絶対に応募者を転職させる!」というよりは、「企業も応募者も双方が納得できるマッチングを目指す」という方針のため、希望条件や時期によっては紹介がなく、連絡がほぼない場合もあります。逆に言うと、過度な電話や案件紹介がないため、本当にマッチした求人とのみ出会いたい方にはおすすめです。また、サポートが全くないわけではなく、最初の面談や求人紹介時には、丁寧なアドバイスやサポートがあるため安心です。

自分の転職スタイルを見直して、マスメディアンを利用すべきかを考えましょう
広告・Web・マスコミ業界や、クリエイティブ・マーケティングスキルを活かして一般企業に転職したい方には、マスメディアンはとてもおすすめのエージェント。一方、様々な業界から選びたい方や、経験が浅い方は、転職活動にマスメディアンをメインで利用するのはおすすめできない。

口コミからわかるマスメディアンの特徴とメリット・デメリット

これまでは、全体のメリット・デメリットや、マスメディアンに合う人を簡単にご紹介しました。ここからは、具体的に各項目の詳細な評価や口コミをチェックしていきましょう。それぞれの項目をしっかりチェックすることで、より特徴やメリット・デメリットが把握できると思います。

マスメディアンの求人件数の多さに関する評価と口コミ

評価:★★★★☆

  • 総合エージェントと比較すると求人数は劣る。
  • 広告業界エージェント内ではトップクラス。
サイト名 登録会員数 求人件数
マスメディアン 約2万人 約2200件(公開)
広告転職 非公開 約2500件
Green 約45万人 約13000件
優クリエイト 約6000人 約1350件

マスメディアンの求人件数は、特化型サイトではトップクラスの求人数になっています。総合転職エージェントや、IT・Web業界の全職種の求人を取り揃えているGreenに比べると一見かなり少ないように思えますが、マスメディアンと同じくクリエイター特化型の大手転職サイトである広告転職や優クリエイトの求人件数を見ると、概ね同程度の件数であることが分かります。また、掲載している数字は公開求人のみです。非公開求人は、更に多くの好条件の求人を取り揃えています。

それでは、マスメディアンの求人件数の多さに関する口コミを見てみましょう。

20代女性

★★★★☆

他のサイトは詳しくないが、希望する職種の案件は多く揃っていたように感じる。

20代男性

★★★☆☆

リクナビエージェントなどの総合サイトを見ていると、求人件数は少し心もとない。

30代男性

★★★☆☆

有名だったので広告特化サイトの中では求人数はトップだと思っていたが、広告転職が求人数No.1だとアピールしていたので、少し印象が変わった。

30代女性

★★★★★

クリエイターにとって必要な求人案件のみが揃っていると思う。満足。

やはり、総合サイトに見慣れている方にとっては、どうしても求人件数は少なく感じてしまうようです。ただし、4つ目の口コミにあるように、クリエイター志望の方にとっては、必要のない案件は掲載されておらず、自分が希望する案件やマッチング度の高い求人数のみが掲載されているため、満足度が高いようです。広告専門特化型のサイトでは広告転職サイトよりは少し少ないです。そこまで差はないのですが、「マスメディアン=宣伝会議のグループ会社=求人数もトップ」、といったイメージが先行してしまい、少しギャップを感じる方もいるようです。

広告専門サイトではトップクラス
広告特化型サイトでは、業界求人数No.1の広告転職に次ぐレベルの求人数。総合エージェントと比べると件数はどうしても少なくなるのが難点。

マスメディアンの求人情報の詳細さに関する評価と口コミ

評価:★★★☆☆

  • 他社よりも公開情報は少ない。最低限の情報のみ。
  • 企業・応募者ともに、マッチングする場合にのみ情報を公開するポリシー。
サイト名 求人情報の詳細さ
マスメディアン 求人情報はシンプルで少し物足りない。公開求人の情報公開は少ない。
広告転職 募集要項や企業情報が豊富。写真やインタビューなども掲載されている。
Green 詳細な企業情報やインタビューの他、会員登録すると価値観や年齢など詳しい情報が見れる。
優クリエイト 一目で特徴が分かるアイコン。企業情報なども掲載。

マスメディアンの求人項目は、同業他社と比較するとかなりシンプルです。最低限の項目は掲載されていますが、写真やインタビューが公開されている他社に比べるとかなり少ない印象を受けます。

マスメディアンの求人の項目は下記です。

年収例/時給例、勤務地、雇用形態、従業員数、会社概要、職種、職務内容、応募資格、コンサルタントからの一言

情報が少ないとはいえ、求人を検討するために必要な情報はきちんと掲載されています。特に、「コンサルタントからの一言」は、第三者かつプロの視点からのコメントがあり、ためになる情報が多いです。

それでは、マスメディアンの求人情報の詳細に関する口コミを見てみましょう。

20代男性

★★★☆☆

最低限の情報しかなかった。人材紹介のため情報が少ないのも分かるが、他社よりかなり少なく不安に感じた。

30代女性

★★☆☆☆

広告転職などの他サイトと比べて写真が全くないので、イメージがつきづらかった。

20代女性

★★★☆☆

サイトに掲載されている情報量は少なかったが、人材紹介の際に詳しい資料や説明を貰ったのでそこまで気にならなかった。

マスメディアンは求人掲載よりも人材紹介がメイン事業のため、多少情報が制限されてしまうことは当たり前ですが、それでも他社と比較して、不満に思う方もいるようです。しかし、面談や求人紹介時には、企業の風土や職場環境、社長・社員の人柄など、詳しい求人情報をしっかり教えてもらうことができます。

公開情報は他社よりも少なめ
写真やインタビューがある他社に比べると公開されている情報量は少ない。求人紹介時には、企業風土や職場環境など詳細をはじめて知ることができる。

マスメディアンの大手求人の多さに関する評価と口コミ

評価:★★★★☆

  • 広告・Web・マスコミの大手求人が揃っている。
  • インハウス(広告・広報・マーケ)の大手求人も増えてきている。
サイト名 大手求人の多さ 代表的な企業
マスメディアン 大手求人が多数。広告・Web以外の一般企業の求人も増えている 株式会社電通、株式会社博報堂、花王株式会社など
広告転職 広告・Web業界の大手求人が多数。 株式会社電通、楽天株式会社、株式会社アサツーディ・ケイなど
Green 大手求人よりは、人気ベンチャーや有名中堅企業が多め。 株式会社アカツキ、チームラボ株式会社、株式会社ディー・エヌ・エーなど
優クリエイト 大手企業〜中小企業まで、様々な規模の求人がある。 具体的な企業名の表記なし

マスメディアンの大手求人の多さは、広告特化型転職サイトの中では大きな長所だといえるでしょう。独自で企業とのパイプを作らなければいけない他社サイトと違い、宣伝会議グループに所属するマスメディアンでは、出版や教育事業で培われた企業とのネットワークにより、多数の大手企業の求人案件を保持しています。

実績企業一例:株式会社電通、株式会社博報堂、花王株式会社、日本トイザらス株式会社、チームラボ株式会社、株式会社幻冬舎、ディーゼルジャパン株式会社、株式会社プロントコーポレーション、株式会社ニュー・オータニ、株式会社グレープストーン(東京ばな奈ワールド)、株式会社ドミノ・ピザジャパン、松竹ナビ株式会社

それでは、マスメディアンの大手求人の多さに関する口コミを見てみましょう。

30代女性

★★★★☆

広告やWebの大手求人は多く揃っていると感じた。非公開求人でも大手企業の紹介もあった。

30代女性

★★★☆☆

大手求人の紹介は少なかった。ただ、自分のスキル量の所為もあるため仕方がないとは思う。

20代男性

★★★★★

広告代理店や制作会社の求人のみだと思っていたが、意外とインハウスの大手求人にも力を入れていて良かった。

大手企業の求人量については、満足度は高いようです。もちろん、スキルや希望条件にマッチングする案件を紹介されるため、全ての方に大手求人が紹介されるわけではありませんが、マスメディアンでは取引企業例のような大手広告・Web・マスコミ企業の選考に応募できるチャンスがあります。また、広告代理店や制作会社の求人のみではなく、インハウスの求人(メーカーやサービス会社などの一般企業に属し、その企業内で働く求人)も豊富です。

広告・Web・マスコミ大手のクリエイター求人が豊富。text=宣伝会議グループで培われたコネクションを活かし、大手広告代理店・メディア・制作会社の求人案件が多数ある。また、インハウスのクリエイター求人にも力を入れている。

マスメディアンの業界・職種に特化した求人の多さに関する評価と口コミ

評価:★★★★★

  • 広告・Web・マスコミに関連する多様な職種の求人に特化している。
  • インハウスの職種も増えてきている。
サイト名 業界・職種特化型の求人数の多さ
マスメディアン 広告・Web・マスコミ業界を中心に様々な職種のクリエイター求人が多い
広告転職 広告・Web業界の求人に特化
Green IT・Web業界の求人に特化
優クリエイト デザイナーなどクリエイター求人特化。グラフィックデザイナーの求人が多い

マスメディアンは、今までの説明からも分かるように「広告・Web・マスコミ」分野に特化しており、それらの求人が多く揃っています。他社サイトと比較しても、豊富な職種・業種を取り揃えているといえるでしょう。

それでは、マスメディアンの業界・職種に特化した求人の多さに関する口コミを見てみましょう。

30代女性 

★★★★★

自分の専門分野はもちろん、他にも挑戦したい職種も多く揃っており嬉しかった。

30代男性 

★★★☆☆

Web業界の求人と聞いていたが、エンジニアやプログラマーの紹介は少なくて意外だった。

20代女性

★★★★☆

広告、Web求人は他社サイトにも多いが、マスコミ系の求人があるのは珍しくてよかった。

広告・Web・マスコミ分野に特化したサイトのため、これらの業界・職種に興味を持っている方からの評判は良いようです。特に、マスコミは他社サイトでも求人がかなり少ないため、珍しい印象があるようです。一方で、「Web業界」と書かれていますが、WebデザイナーやWebプランナーの職種が多く、エンジニアの職種はあってもマークアップエンジニアやフロントエンドエンジニアくらいのため、IT・Web系の職種が全て網羅されていると考えて求人を見た方にとっては、少しがっかりする結果になるようです。マスメディアンはクリエイターのためのサイト、と考えた方が良いかもしれません。

広告・Web・マスコミ分野に特化!多様なクリエイター職種が取り揃えられている
広告・Web・マスコミ分野における多様な求人が多く存在する。全19職種、全7業界のカテゴリがあり、職種が細かく分類されているためクリエイターにとって使いやすいサイト設計になっている。

マスメディアンの他社にはない求人の取り扱いの多さに関する評価と口コミ

評価:★★★★☆

  • 総合エージェントにはない、業界ならではの求人が多数。
  • 他の広告業界転職エージェントにもない特命求人も多数。
サイト名 他社にはない求人の多さ
マスメディアン 企業とのパイプを活かした独自求人を含む非公開求人が多い。
広告転職 取引先企業は5000社以上。独占求人も多数取り揃えている。
Green 他社にはないベンチャー企業などの求人がある。
優クリエイト グラフィック職の求人が多い。

マスメディアンは非公開求人数も多く、その中にはマスメディアンでのみ取り扱っている極秘の特命求人も存在します。国内トップレベルの知名度の宣伝会議グループであるからこそ可能である数多くの企業とのネットワークを活かして、大々的に求人募集をしていない企業でも、マスメディアンにだけ依頼しているパターンもあります。

それでは、マスメディアンの他社にはない求人の取り扱いの多さに関する口コミを見てみましょう。

30代男性

★★★★☆

総合エージェントと併用していたが、珍しい求人が多くてよかった。

20代男性

★★★★☆

非公開求人の質がよく、自分の求めている条件の求人と出会えた。

20代女性

★★★★★

極秘プロジェクトの突発求人を非公開で紹介され、期待以上の好条件で嬉しかった。

マスメディアンのような業界・職種特化型転職エージェントを利用する場合は、リクナビエージェントなどの総合型エージェントと併用する方が多いです。なぜなら、どうしても求人内容が偏り母数も少なく、新しい発見をしづらくなるためです。しかし、特化型サイトの明らかな強みは、広く浅く求人掲載を行う総合型エージェントにはない、業界・職種の特別な求人を多数掲載できる点です。公開求人・非公開求人含め、特別な求人に出会えるチャンスがマスメディアンにはあるといえるでしょう。

マスメディアンには独占求人を含む非公開求人が多数!
宣伝会議グループに所属するマスメディアンならではの強み。数多くの優良企業とのつながりを持ち、総合エージェントや同業他社にはない求人が揃っている。

マスメディアンの求人の更新頻度に関する評価と口コミ

評価:★★★★☆

  • 更新頻度は随時。(週に2〜3回ほど)
  • 新たにマッチングする求人があれば、先に直接応募者に連絡される場合も。
サイト名 求人の更新頻度
マスメディアン 随時更新(週2〜3回程度)
広告転職 随時更新
Green 随時更新
優クリエイト 随時更新

マスメディアンをはじめ、ここにあげている求人サイトはほぼ随時更新となっています。マスメディアンの実際の更新頻度は、週に2〜3回程度であり、標準的な更新頻度であると言えるでしょう。ただし、サイトには更新されていなくても、キャリアアドバイザーから利用者に直接新着求人が紹介される場合も多いです。

それでは、マスメディアンの求人の更新頻度に関する口コミを見てみましょう。

30代男性

★★★★☆

週に2〜3回ほど、新たな求人情報がトップページに掲載される。

20代女性

★★★★☆

基本的に直接キャリアアドバイザーから求人を紹介されるので、求人更新頻度はあまり気にならない。

20代男性

★★☆☆☆

マスメディアンは総合型エージェントと違って、なかなか求人情報を紹介してくれなかった。

口コミにも書かれているように、求人掲載のみではなく人材紹介サービスがメインのため、サイトに掲載されている情報を見るよりは、キャリアアドバイザーからの情報を待つ方も多いようです。なお、総合型の転職エージェントは、マッチング度が低くてもメールや電話で数多く紹介するエージェントが多いですが、マスメディアンはスキルや経験、希望条件にマッチングする案件のみを紹介する傾向にあるようです。そのため、合致する求人がないと連絡が長期間こない、という場合もあり得るので注意が必要です。

サイトの更新頻度は週2〜3回。非公開求人など直接連絡が来る場合も多い
サイトの求人更新は随時。面談後は、サイトに掲載されていない求人情報でも、キャリアアドバイザーから直接求人を紹介されるパターンも多い。ただし、条件に合致しないと紹介が来ない場合も。

マスメディアンの登録後の使いやすさに関する評価と口コミ

評価:★★★★☆

  • キャリアシートの入力ページが工夫されていて使いやすい。
  • 登録前も、質問スペースがあるため疑問をすぐ解消しやすい。

マスメディアンのサイトは、会員登録後も、会員登録前と比べて、開示される情報量はそこまで変わりません。マスメディアンの会員登録=転職支援サービスの申し込みとなるため、会員登録後は主にキャリアシート記入画面が中心となります。キャリアシート画面は基本情報・学歴、職務経歴、希望条件、スキルの4種類が入力できますが、その都度残り項目数をチェックリストで上部に表示してくれるため、記入できていない項目が一目でチェックできて便利です。

それでは、マスメディアンの登録後の使いやすさに関する口コミを見てみましょう。

30代女性

★★☆☆☆

会員登録前と後で、サイトがどのように変わるのか少しわかりにくかった。

20代女性

★★★★☆

キャリアシートの入力が分かりやすくて良かった。

20代男性

★★★★☆

画面の右下に質問ウィンドウ機能があり、質問したいキーワードを入力するとすぐに適した項目を確認できるのでよかった。

マスメディアンは、会員登録後に追加でできる機能はキャリアシートの入力と面談予約の2つが主になります。他のページはあまり変化しないため、利用方法が分かりづらいと感じる人もいるようです。また、会員登録登録前で使える質問機能が画面左下にあります。これは、「よくあるご質問」の項目にある「転職活動全般について」「マスメディアンのサービスについて」「求人について」「システム・ログインエラーについて」「退会手続きについて」「メール・メールマガジンについて」「マイページについて」の項目が表示されており、わざわざよくあるご質問ページに移動しなくても、疑問に感じた部分を確認できる機能です。また、質問入力欄もあり、よくあるご質問にある内容であれば、キーワードなどですぐに検索することができます。

入力残り項目表示や質問検索機能など、使いやすい機能がある!
会員登録後に利用できるキャリアシートの入力項目では、まだ記入できていない項目数や項目内容が左上に表示されるため分かりやすいです。また、質問機能が左下に表示されており、わ質問したい項目があればすぐに検索することができます。

マスメディアンのサービスや機能の多さに関する評価と口コミ

評価:★★★★☆

  • 転職成功ガイドはクリエイター向けの内容で専門的。
  • 宣伝会議の雑誌やWebメディアの業界ニュースもチェックできる。
代表的なサービスや機能 解説
転職成功ガイド 転職への流れや転職タイプ別ガイドなど、多様なコンテンツがある
特集 広告・Web・マスコミ業界企業への転職インタビューが掲載されている
業界ニュース 広告・Web・マスコミ業界関連のニュースが高頻度で掲載されている

転職成功ガイド

マスメディアンサイト内で転職への流れやタイプ別転職実例などの転職成功ガイドを全て無料で読むことができます。成功ガイドの内容例は下記です。

転職への流れ:はじめての転職、履歴書のつくり方、職務経歴書のつくり方、作品集のつくり方、面接対策

タイプ別転職実例:インハウス(広告・広報・マーケ転職)、大手広告会社への転職、エグゼクティブ転職、しゅふクリ・ママクリ転職、年収アップ転職、Uターン・Iターン転職、未経験から広告業界への転職

転職への流れは、一見どこのサイトにもある平凡なノウハウに感じますが、マスメディアンの転職ガイドは、全て広告・Web・マスコミ業界orクリエイター職向けの内容となっているため、初めてこの業界・職種で転職を考えている方には必見の内容となります。また、転職経験がある方でも、流行り廃りが早い業界のため、チェックしておいて損はありません。

特集

マスメディアンでは、特集インタビューや記事を定期的に掲載しています。求人を掲載している企業のトピックス、マスメディアンが開催している転職相談会の開催レポート、宣伝会議が実施した広告・Web・マスコミ市場の調査など、マスメディアンならではの濃い情報を無料でチェックすることができます。また、データ、新サービス・テクノロジー、業界予想、といった特集・業界ニュースに関するタグも各特集あるため、気になるキーワードがあればすぐに検索が可能です。

業界ニュース

業界ニュースは、株式会社宣伝会議が発行している、ブレーン、宣伝会議、AdverTimesなどから特に重要なニュースをピックアップして掲載しています。話題になったキャンペーンや広告賞などの紹介が多いため、業界の最新の動向を知るためにチェックする方も多いです。

それでは、マスメディアンのサービスや機能の多さに関する口コミを見てみましょう。

30代男性

★★★★☆

特集インタビューで気になっていた企業のより詳しい情報が知れた。

20代女性

★★★★☆

業界ニュースの更新頻度が高く、純粋にためになった。

20代男性

★★★★☆

転職成功ガイドは広告業界ならではのノウハウが沢山紹介されていて、広告業界未経験の自分にとっては良かった。

さすが宣伝会議グループ所属なだけあり、転職成功ガイド、特集、業界ニュースともに、読み物のコンテンツ力は評価が高いようです。特に転職成功ガイドは、広告・Web・マスコミ業界未経験の応募者にとっては特に役立つようです。流行り廃りが激しい業界のため、特集・業界ニュースの更新頻度が比較的高いことも高評価の1つです。

広告・Web・マスコミ業界転職志望者のニーズを掴むコンテンツ
クリエイター向けの専門転職ガイドの他、マスメディアン独自で取材した優良企業のインタビュー特集、宣伝会議が発行している雑誌やWebメディアのニュース抜粋など、最新かつ質の良い情報を提供しており、評価も高い。

マスメディアンのサポートの充実レベルに関する評価と口コミ

評価:★★★★☆

  • 応募~入社後まで一貫したサポートが受けられる。
  • 業界に精通したサポートを受けられるが、少しサポート量は薄め。
代表的なサポート制度 解説
個別相談会・セミナー 5地域で転職相談会を随時受け付けている
アドバイザー面談 プロのキャリアコンサルタントによるアドバイスとヒアリング
応募・選考サポート 応募書類や面接へのアドバイス、書類提出代行、入社条件交渉など
入社後フォロー 入社後の悩みもマスメディアンに相談が可能

個別相談会・セミナー

マスメディアンでは、沢山の個別相談会やセミナーを開催しています。開催場所は東京、大阪、名古屋、福岡、金沢の5箇所で、平日、土日祝ともに開催されています。広告・Web・マスコミ人材紹介のプロであるマスメディアンのキャリアアドバイザーが、多様なテーマで質の高いセミナーを実施してくれます。また、時には業界著名人などのゲストも呼ばれたりするため、大きな学びを得ることができます。

アドバイザー面談

会員登録・キャリアシート記入後、マスメディアンのキャリアコンサルタントとのマンツーマン面談が可能になります。応募者の経歴や応募書類、希望条件などを詳しくヒアリングしつつ、応募者のキャリアプランや今後の方向性を業界のプロから的確にアドバイスしてもらうことができます。また、マッチングする求人がすぐに見つかった場合は、すぐに求人を紹介してもらうことも可能です。面談時間は1時間〜1時間30分で、全て無料で相談できます。実施場所は東京、大阪、名古屋、福岡、金沢の5箇所ですが、遠隔地に住んでいる場合は電話での面談も可能です。また、面談日時は平日夜や土日でも調整してもらえるため、仕事で忙しい方でも利用できます。

応募・選考サポート

求人紹介時の求人応募・選考サポートも豊富です。応募書類や作品集の作り方を企業ごとのニーズに沿ってアドバイスしてもらえるほか、応募書類の提出もキャリアコンサルタントが代行します。また、選考中は面接スケジュールも調整してくれるため、仕事が忙しくても安心です。その上、面接にもキャリアコンサルタントが同席し、現場を知るコンサルタントから面接前後に実践的なアドバイスを貰うことも可能です。

入社後フォロー

内定が決まった後も、給与や入社日など直接企業に相談しづらい交渉はマスメディアンが代行してくれます。なるべく良い条件になるよう尽力してくれることはもちろん、強引に交渉しすぎて入社後悪印象にならないように、企業のメリットも考えた交渉を心がけてくれるので安心ですね。また、入社後も、悩みや疑問があればマスメディアンに相談することもできます。

それでは、マスメディアンのサポートの充実レベルに関する口コミを見てみましょう。

30代女性

★★★★☆

業界に詳しいだけあって、的確なアドバイスをしてもらえた。

30代男性

★★★☆☆

最低限の支援はしてくれたが、連絡が遅かったり、他のエージェントと比べたら少しサポートが薄かった時もあった。

20代女性

★★★★☆

面談箇所が東京のみのエージェントもある中で、地方在住でも直接面談ができて便利だった。

広告・Web・マスコミ転職No.1クラスとの評判が名高いマスメディアン。やはり、業界への詳しさやコンサル力については高評価のようです。一方、実力はあるものの、他社に比べるとサポートのきめ細やかさは劣るようです。応募者ごとに担当がつかず、企業ごとに担当が変わる形式であることも理由の1つかもしれません。また、拠点が地方にあることで、地方在住の応募者からは評価が高いです。

多様なセミナーや実績に基づくコンサル力が魅力。
Web・広告・マスコミ業界での転職実績を活かした多様なテーマのセミナーや、単なる求人紹介にとどまらず、応募書類作成から入社後まで、一貫したサポートを行ってくれる。

マスメディアンの信頼感・安心感に関する評価と口コミ

評価:★★★★★

  • 知名度の高い宣伝会議のグループ企業。
  • 企業・応募者双方の守秘義務を徹底している。
信頼感・安心感を裏付ける根拠 解説
宣伝会議グループの転職エージェント 広告業界企業からの知名度が高く信頼感がある
極秘の特命求人を取り扱う 企業から信頼されている
個人情報の取り扱いが他社より厳重 登録情報の破棄に本人確認が必要
4万人以上の転職実績 広告・Web・マスコミではトップクラスの転職実績

マスメディアンの信頼感・安心感は、同業他社と比較してもかなり高いと言えるでしょう。知名度の高い宣伝会議グループ所属のため、広告業界において企業・応募者、双方からの高い信頼があります。4万人以上の転職実績があることからも、名実ともにNo.1クラスの信頼度といえるでしょう。また、マスメディアンは「極秘の特命求人」を、人事から、時には経営者や部門責任者から任されており、企業からの信頼は厚いです。また、利用者においても守秘義務を徹底しており、企業に本人の許可なく登録データや応募書類を開示しないことはもちろん、個人情報削除の際は本人確認を実施するほか、依頼すれば削除証明書の発行も行ってくれます。他社と比較しても、プライバシー管理をきちんと行ってくれる、信頼感のあるサービスです。

それでは、マスメディアンの信頼感・安心感に関する口コミを見てみましょう。

30代女性

★★★★☆

宣伝会議の名前を聞くと、やはり他社よりも安心感は強い。

30代男性

★★★★★

的確なアドバイスや求人紹介をしてくれたので、信頼できると思った。

20代女性

★★☆☆☆

キャリアアドバイザーからの連絡が遅い時があり、ズボラだと感じてしまった。求人内容やアドバイスは的確なだけに残念。

宣伝会議グループの信頼感は強いものの、実際にサービスを利用してみると、連中には連絡が遅いエージェントも存在し、不信感を持つ利用者もいるようです。マスメディアンは、求職者専属のエージェントがつくわけではなく、各企業の担当から連絡が来るため、専属エージェントがつくサービスよりはサポートが手薄に感じる場合もあるかもしれません。希望条件やスキルによっては連絡がほとんど来ない場合もあるため注意が必要です。

宣伝会議グループ、転職実績4万人以上の高い信頼性。サポートは他社より少し薄め
宣伝会議グループの人材紹介業を担い、転職実績もNo.1クラスのマスメディアンは、企業・求職者ともに信頼度が高い。ただし、専属エージェントはつかないため、連絡が来ずに不信に感じる利用者も。

マスメディアンの知名度の高さに関する評価と口コミ

評価:★★★★★

  • 広告業界の転職エージェント=マスメディアンとして有名
  • 宣伝会議の知名度も高い。

マスメディアンの知名度は、大手総合エージェントと比べると知名度は劣るものの、広告・Web・マスコミ特化型の業界では知名度はピカイチで、特に「広告・マスコミ転職といえばマスメディアン」と考える利用者も多いです。Web業界では、競合他社も多いため少し知名度は劣りますが、それでもWebデザイナーやディレクターなど、クリエイター界隈での知名度はかなり高いといえるでしょう。広告業界特化型の転職支援サービスの数がそこまで多くなく、競合が少ないことも理由の1つといえるでしょう。

それでは、マスメディアンの知名度の高さに関する口コミを見てみましょう。

30代男性

★★★★★

マスメディアンは以前から知っていた。転職時にキーワードで検索した際も、すぐ検索結果にマスメディアンが出てきたのでそのまま利用した。

20代女性

★★★★★

新卒時にマスナビを利用していたのでマスナビも知っていた。

20代男性

★★★★☆

周りの友人も転職時にマスメディアンを利用していたため存在は知っていた。クリエイターは大体知っていると思う。

口コミからも分かるように、マスメディアンの知名度はかなり高いようです。また、もし存在を知らなくても、インターネットで「広告 転職」などのキーワードで検索した際には必ず上部にマスメディアンが表示されるため、転職序盤で知る場合もあるでしょう。

広告・Web・マスコミ業界での知名度はかなり高い!
広告業界の特化型サイトの中では1、2を争う知名度。広告関連の転職を考えている人は、転職前、もしくは転職序盤に存在を知る場合が多い。

マスメディアンのブランドイメージに関する評価と口コミ

評価:★★★★★

  • 宣伝会議グループとして、企業とのコネクションが強いイメージ
  • 広告・Web・マスコミ系の転職実績が豊富

マスメディアンのブランドイメージは、既に伝えているように、「『宣伝会議』のグループ会社である」点が大きなブランドイメージの1つとなっています。株式会社宣伝会議は、宣伝会議・販促会議・広報会議・ブレーンなど、クリエイティブ・マーケティングに関する専門誌を発行している他、コピーライター養成講座などのクリエイター教育も行っており、広告・Web・マスコミ業界に携わっている方ならほぼ全員名前を聞いたことがあるでしょう。また、マスメディアンサービス単体でも、4万人超の転職支援実績があり、「広告・Web・マスコミ界隈での転職サイトといえばマスメディアン」、位のイメージも持たれています。

それでは、マスメディアンのブランドイメージに関する口コミを見てみましょう。

20代女性

★★★★★

学生時代も同じサービスのマスナビを利用していたし、広告業界の就職支援サービス=マスメディアン、というイメージはある。

30代男性

★★★★☆

転職する前はマスメディアンは「名前を聞いたことがある」くらいだったが、宣伝会議のグループ会社とサイトで知り驚いた。大手求人が数多くありそうだと感じた。

20代男性

★★★☆☆

歴史があり大企業との繋がりが強い代わりに、IT・Web系のベンチャー企業など新しい求人は少なそうな印象がある。

広告・Web・マスコミ業界を目指す学生向けの就活支援サイト、マスナビを学生時代に利用しており、その際に運営会社の株式会社マスメディアンを知り、広告業界の就職支援=マスメディアン、のイメージを持つ方もいるようです。また、マスメディアンの詳細を知らなくても、宣伝会議グループであることを知り、優良企業や大手企業の求人が多くある、とイメージする方もいます。やはり宣伝会議のブランド力は強いようです。ただ、歴史があり大手有名企業との繋がりが大きいがゆえに、ベンチャー企業、特にIT・Web系の新興企業とのネットワークは他社より劣っているイメージも持たれているようです。IT・Web業界の特化型転職エージェントの競合が最近増えてきていることも評価の原因のひとつかもしれません。

広告・Web・マスコミ業界の転職支援といえばマスメディアン!
宣伝会議のグループ企業であることから、大手求人が多く、信頼もできるイメージを持たれている。広告業界特化型の就職支援ではトップクラスの実績を持っている、と感じている人も多い。

マスメディアンの登録から内定までの流れ

それでは、会員登録方法や、転職支援サービスの流れを紹介していきます。

会員登録時間
1〜2分

STEP1 会員登録

会員登録自体は1〜2分で簡単に完了します。下記の例をはじめとする19項目の基本情報を入力後、個人情報の取り扱い規約に同意して申し込むボタンをクリックすると会員登録完了です。

項目例:氏名、生年月日、性別、メールアドレス、パスワード、広告・Web・マスコミ職種の経験、現在もしくは直近の業種/職種、希望勤務地 

会員登録後、入力したメールアドレスに登録完了メールが届きますので、そこからログインし、キャリアシートに情報入力も可能です。

STEP2 キャリアシート入力

会員登録後、面談や人材紹介などのサービスを受ける場合には、キャリアシートを追加で入力する必要があります。項目は大きく4項目です。

基本情報・学歴/職務経歴/希望条件/スキル

特に職務経歴とスキルは、マスメディアンのエージェントが企業に紹介できる人材かどうかをチェックする項目ですので、しっかりと記入するようにしましょう。

STEP3 面接・相談

キャリアシートを入力後、面談依頼をすることで1時間〜1時間30分程度でキャリアコンサルタントが面談を無料で実施してくれます。なお、東京・大阪・名古屋・福岡・金沢の5拠点で面談が可能なので、地方の方も安心です。5拠点に向かうのが困難な求職者のために、電話面談のサポートも存在します。また、平日日中は仕事で忙しい方のために、土日や平日夜でも面談を実施してもらえます。

面談内容は下記の5点です。面談を有効的に活用できるように準備していきましょう。

1 マスメディアンの転職支援サービスの説明

2 経歴の確認・ヒアリング

3 希望条件のヒアリング

4 カウンセリング

5 求人紹介(希望・経験・職種・勤務地によっては求人の取り扱いがない場合もあるため注意)

面談時に必要な持ち物は下記です。

・履歴書(写真添付)/職務経歴書/作品集、企画書など(クリエイティブ・プランナー職希望の方)/身分証明書

STEP4 求人紹介

面談時、もしくは面談後に、マッチする求人があった場合は、企業の求人をキャリアアドバイザーから紹介してもらいます。このステップから、正式にマスメディアンの転職支援サービスが開始されます。ここでは、サイトに掲載されていない非公開求人や、マスメディアンでのみ取り扱われている特命求人なども紹介してもらうことができます。

STEP5 応募・書類選考

紹介された求人案件の中から、自分が興味のある求人企業を選び、選考に進みます。応募書類の提出は、マスメディアンのキャリアコンサルタントが代行してくれるため、印刷や郵送を自分で行う手間が省けます。また、キャリアコンサルタントから、企業に合わせた応募書類や作品集の作り方のアドバイスも貰えます。

STEP6 面接

書類選考に合格すると、面接選考に進みます。面接スケジュールも、マスメディアンのキャリアコンサルタントが予定調整を代行してくれるので便利です。また、面接時には、キャリアコンサルタントがその場に同席してくれるため、事前や事後にアドバイスやフィードバックを貰うこともできます。

STEP7 内定・条件交渉・入社

無事選考に合格し、企業から内定が出た後も、マスメディアンのサポートは続きます。入社日や年収など、企業に直接相談しにくい内容を含めて、マスメディアンのキャリアコンサルタントが代わりに条件面の交渉を行ってくれます。現職の退職方法に関するアドバイスも実施してくれます。また、入社後も、悩みや質問があれば相談に乗ってもらえるようなので、困ったことがあれば最後まで活用しましょう。

キャリア面談〜入社後まで一貫したサポート!
会員登録とキャリアシートを作成後、キャリアコンサルタントとの面談でカウンセリングや転職アドバイスを行ってもらえる。マッチする求人があれば、応募〜入社まで、一貫したサポートをキャリアコンサルタントが行ってくれる。

マスメディアンの退会方法

マスメディアンの転職支援サービスを停止するには、メールで連絡する必要があります。きちんと確認しておきましょう。

退会方法

マスメディアンを退会(転職支援サービスを停止)するには、マスメディアンの総合窓口(webmaster@massmedian.co.jp )宛に

・氏名/生年月日/転職サービスの停止を希望します。」の文言

を記載した連絡が必要になります。配信サービス停止手続きには、本人確認が必要になるため注意です。また、就職先が決まった場合も同じ手続きを踏む必要があります。

転職支援サービスを再開する方法

退会後に再びマスメディアンのサービスを利用したい場合は、同じくマスメディアン総合窓口(webmaster@massmedian.co.jp )宛に

・氏名/生年月日/「転職サービスの再開を希望します。」の文言

を記載して連絡をします。また、その際にも本人確認が必要となるので注意が必要です。

サービス停止にはメール連絡が必要
マスメディアンの転職支援サービスを停止したい場合は、マスメディアンの総合窓口宛にメールをする必要がある。再開したい場合もメールで連絡する。

マスメディアンに関するよくある質問と回答

それでは最後に、マスメディアンのサービスを利用するのにあたって、よくある疑問とその回答をピックアップしました。

マスメディアンの利用に費用はかかるか?

マスメディアンの転職支援サービスは企業からの紹介料で成り立っているため、費用は一切かかりません。無料で利用することができます。

申し込みの際に、年齢や経験などの応募条件はあるか?

特にありません。ただし、職種や勤務地などの希望条件や、経験スキルの内容やレベルによって、求人が紹介できない場合もあるため注意が必要です。また、学生の方はマスナビへの登録がおすすめです。

転職活動を行っていることを現職の会社に知られたくない。

マスメディアンでは、登録者本人の許可なく企業へ登録データや書類の情報を教えることは一切ないため、在職中の会社に知られることなく転職活動を進めることが可能です。ちなみに、メールアドレス登録は、企業のアドレスではなく個人のアドレスで登録するようにしましょう。企業によっては、社員のメール内容を監視していたりする場合があるためです。

登録すれば必ず求人を紹介してもらえるか?

キャリアシートの登録内容と企業の求人条件を照らし合わせてマッチングした場合に求人は紹介されるため、必ずしも求人を紹介してもらえるわけではありません。経験や希望条件、勤務地、時期によっては取り扱いがない場合もあります。特にインハウスの求人はその傾向が強めなので、長期的に見据えて転職活動を行うのも一つの作戦かもしれません。

申し込みフォーム登録後、連絡が来ない。

使用したメールアカウントによっては、マスメディアンからの自動返信メールの配信に不具合が生じ、きちんと届かない場合があります。迷惑メールフォルダにも振り分けられていない場合は、総合窓口まで連絡しましょう。

<総合窓口>
電話:03-5414-3010
メール:webmaster@massmedian.co.jp
受付時間:9:00~18:00(土・日・祝日を除く)

その他、利用するにあたって新たな疑問点が出てきた場合には、こちらのよくあるご質問を確認してみましょう。面談後は、キャリアアドバイザーに質問するのも良いですね。

クリエイター転職にはマスメディアン

いかがでしたでしょうか。マスメディアンは、宣伝会議が培ったネットワークにより、大手企業の求人や質の良い特命求人を多数取り扱っています。また、4万人以上の転職支援実績による人材ノウハウを駆使し、プロのキャリアアドバイザーによるキャリア面談や選考サポートも受けることができます。特化型エージェントのため、総合型エージェントと比較すると求人母数は少し物足りないため、他サービスも併用することをおすすめしますが、マスメディアンの利用は、Web・広告・マスコミ業界や、インハウスも含むクリエイター職に転職したい方にとって大きなメリットとなるでしょう。マスメディアンを有効活用して、失敗しない転職を目指しましょう!